2019年12月02日

「魂」と「才」


こちらの冒頭でも書いたけれど、明治初期の内乱をつかまえて、「旧士族」の反乱と称する、階級闘争のような史観は説得力がない。
反乱を起こしたのも旧士族なら、反乱を起こされた側の政府要人だって大方は旧士族だったろう。悪政・暴政に被害をこうむる度合いは、農民こそ、士族の比ではないのだから、明治初期の数々の反乱には農民の支持も参加者さえもあったとも聞く(「士」が「民」のために起つというこうした構造は、少なくとも本人たちの主観の上では、江戸時代の大塩の乱から、昭和の二二六にまで、日本の「義挙」の多くに一貫して貫いているようにも思う)
幕末には新たに「士分」に取りたてられた旧農民もいただろう。新選組が有名だが、長州にだって奇兵隊はあった。奇兵隊は何も四民平等思想にもとづいて武士を解体したのではない。一部の「見どころのある」平民を武士に取りたて、吸収することで、長州武士戦力の強化を図ったのだ。会津や長州ほど有名ではないにしても、他藩でも同様な試みはあったかもしれない。彼らは「旧士族」どころかむしろ「新士族」といってもよいくらいの存在だ。続きを読む
posted by 蘇芳 at 16:36| 明治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

放伐論


地上の政治権力者は天の命が決める。
権力者が腐敗堕落しその資格を失えば、天の命は更改され、別の人物が新たな政治権力者に指名される。
新資格者は天命の権威の下に軍を起こし、旧資格者を打倒(放伐)し、新王朝を開始する。
天命の真偽は放伐・革命の成否によって明らかになる。究極の「勝てば官軍」。
これが大陸式の易姓革命(天命が革まり、王朝の姓が易る)であろうか。続きを読む
posted by 蘇芳 at 15:25| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

西南戦争と民権派


こちらでも書いたけれども最近、葦津珍彦にハマっている。たてつづけに三冊読んだし、まだ二冊購入済み。面白い。続きを読む
posted by 蘇芳 at 14:46| 明治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする