2022年01月15日

【読書】大和和紀 × 時海結以「あさきゆめみし(1)」(講談社青い鳥文庫)

「源氏物語」というのは二次創作も多いですが。
有名なところであのマンガ https://amzn.to/3AeDXMZ などは、やはり、何だかんだ、金字塔のひとつでしょうか。
ところでその”源氏を原作にした漫画をさらに原作にした小説版”というのもあるのはご存知かしら? つまり三次創作?
当方、マンガ版も後に読みましたが、先行して小説版のほうを読んでしまったりもしましてw
玉鬘十帖とか割愛された部分もありつつ、女三宮の心理などはマンガとは微妙に違えてあって、賛否はあるでしょうが、個人的にはこちらも(のほうが?)わりとなかなかヨカッタ記憶もあります。。
ということで以下、姉妹ブログからコピペ。

続きを読む
posted by 蘇芳 at 09:53|  L 「源氏物語」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月13日

【読書】紫式部 × 高木卓「源氏物語 (新装版)」(講談社青い鳥文庫)

「源氏物語」の動画シリーズとかも(ゆっくりぼちぼちスローペースで)視聴していますが……
当然、本来は、原作もちゃんと読んだほうがいいわけで。
さはさりながら「源氏」っていきなり本編読んでもまず確実にザセツしますよねー。
原文は古文の中でも現代人にとってはとりわけ意味が取りにくい悪文ですし。
学者の「訳」はカタイし、原文のもやもやも整理されていなかったりするし。
作家の翻案は多いけど、それなりの長さ・巻数(≒お値段)で、どれを選べばいいやら片端からというわけにもいかないし。
(あらすじだけなら映画とかもないではないですが、たいてい、途中でぶつ切り”おれたた”エンドですしねぇ💧 めちゃくちゃな改変≒改悪もありがちですし。淡路の君って誰だよ的なw)
というなかで子ども向けでわりとしっかりしたものというか(中にはオリキャラが出てくるようなひどいラノベまがいのものもあるなかで)良心的な一冊かな?というのがあったので、紹介しておきます。
姉妹ブログからコピペ。
続きを読む
posted by 蘇芳 at 09:45|  L 「源氏物語」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

【動画】源氏物語文学セミナー十四帖 澪標


だいぶ久しぶりですがアタミの美術館の動画シリーズ。
Youtube源氏物語文学セミナーから。続きを読む
posted by 蘇芳 at 13:01|  L 「源氏物語」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする