2019年06月21日

【動画】第1回 9歳で借金120億!?上杉鷹山は米沢藩をどうやって復興させたか + 第1回 後編 上杉鷹山に不景気脱却の秘密を学ぶ【CGS 偉人伝】


こちらで、
平家物語や源平盛衰記、義経記といった軍記物に描出された義経をはじめとする英雄群像にも、(歴史の真実とか真相とか本当は○○だったとかとかとは別に、またはそれ「以前」に)、それはそれとして、子どもの頃から親しんでおく価値が大いにあるとは言えるのでしょうか。
とかナントカ書いておきましたが……
いわゆる「偉人伝」というのもその類ですね。
「伝」ですから、伝聞・伝説、要はウワサ話のレベルを出ない面もありますが。史実性・真実性が云々とは別のところで、日本人の大切にしてきた「価値観」を提示してくれるものかもしれません。「良くも悪くも」かもしれませんが。。
とりあえず、そうした検証以前の問題として、戦後反日思潮のなかで黙殺・無視・忘却されてきた「物語」をまずは押さえておくことにも意味はあるかもしれません。ということでChGrandStrategy から、それっぽいシリーズを視聴していこうかと。。続きを読む
posted by 蘇芳 at 01:26| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

双つの「尊皇」


昨日の続きというかそろそろまとめたい。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:56| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

並び立たず


昨日、何か記事が脱線というか暴走しましたが。
ついでだからもう少し江戸幕府について勝手な御託を並べておくと。。続きを読む
posted by 蘇芳 at 03:16| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

仏教嫌ひの系譜


こちらの後半で触れておいたように、新保祐司 「明治頌歌―言葉による交響曲 https://amzn.to/2xWi3y7」は、明治の精神の根底に「清潔」を見る。そこで引用されているのが伴林光平の漢詩である。続きを読む
posted by 蘇芳 at 16:10| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

「うしはけ」と、草莽の志士が云う


こちらで井上毅が記紀の用語を駆使し、天皇統治の本質を「うしはく」ではなく「しらす」ものとして説明したことに触れた。戦後レジーム云々の流れで、自称保守の著名人がこの語を援用する機会もままあり、これらの概念はやや人口に膾炙してきたかにも見える。
しかし、「井上毅が」これらの用語であらためて天皇統治のあり方を定式化したということは、それ以前は、もう少し混沌としていたということでもあるかもしれない。そこは注意が必要だ。でなければ、上で言った類の「自称保守の著名人(※名が知られているだけで、言っていることが正しいとは限らない)」も、井上毅を称賛しながら、一方で、彼の考えとは相いれない天皇主権論者を崇拝するというような、間の抜けた羽目に陥らないともかぎらない。というか、わりとありがちな光景のような気もする。続きを読む
posted by 蘇芳 at 15:02| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする