2016年05月19日

第四十九代光仁天皇


「続日本紀」巻第三十一冒頭には、
葛城寺の前なるや 豊浦寺の西なるや おしとど としとど
白璧しずくや 好き璧しずくや おしとど としとど
然すれば 国ぞ昌ゆるや 吾家らぞ昌ゆるや おしとど としとど
という落首が収録されています。
「白璧」は白壁王、「井」は妃・井上内親王。
白壁王の即位を予想し、諷したもの、と、「続紀」には解されています。
しかし、「諷」されているのは白壁王だけでしょうか?
落首・落書の類は、暗い時代に流行するものです。
太師(藤原仲麻呂)が誅されてからは、道鏡が権力をほしいままにし、軽々しく力役を徴発し、努めて伽藍を修繕させたりした。このため公私ともに疲弊し、国の費用は不足した。政治と刑罰は日増しに厳しくなり、殺戮がみだりに行われるようになった。それで後日この時代について言う者は、無実の罪がたいそう多かったと言った。(宇治谷孟訳、以下同じ)
と「続紀」が総括する道鏡の悪逆に、民も倦んでいたのでしょう。
とすれば、上の童謡(わざうた)の流行は、斜に構えた揶揄の裏側で、むしろ新しい御代を密かに「待望」するものでもあったのではないでしょうか。また、そうであればこそ、光仁天皇の御代の初めに、この童謡が掲げられもしたのではないでしょうか。

やがて、皇紀1430年(神護景雲4、後に改元して宝亀元年)八月四日、称徳天皇崩御。即日、白壁王(光仁天皇)の立太子が布告され、十月一日、めでたく即位あそばされます。第四十九代光仁天皇と申し上げます。続きを読む
ラベル:天皇 続日本紀
posted by 蘇芳 at 02:30| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

九月六日


こちらで見たように、称徳天皇は和気清麻呂の奏上を「偽り」であると断定しておいでです。
しかし、その一方で、「真」の神託に基づく道鏡への譲位は、断念しておいでになります。

また、女帝は清麻呂と「共謀」した者たちにも言及しておいでになりますが、それら共謀者を処罰はされていません。これまで「片っ端」という勢いで歯向かう者を排除しつづけておいでになった女帝にしては、珍しいこともあったものです。

つまるところ、もはや情勢は女帝の横暴を許さないだけの布陣を完了していたのでしょう。
この期に及んで、女帝としてお出来になることは、清麻呂・法均を貶め、配流して溜飲を下げること、「共謀者」たちへの不服を言外ににじませられること、くらいだったのかもしれません。

誰がこの快挙を成し遂げたのかといえば、
称徳天皇が崩御するに及んで、方策(道鏡を退け光仁天皇を即位させる)を定めて、ついに国家を安定させたことについては、大臣永手の力は非常に大きなものがあった。(宇治谷孟訳)
と、「続日本紀」が語る通りなのでしょう。
藤原永手と和気清麻呂に実際に「共謀」の事実があったのか、あったとすればどの程度だったのか、は、永手の存命中には清麻呂がさほど篤く遇された形跡がないため、不明ですが。
「続日本紀」によれば、坂上苅田麻呂(田村麻呂の父)も道鏡の告発に功績があったということですから、軍事的にも万全の体勢が整え終わっていたのかもしれません。また、女帝が異常に重んじられた仏教界の内部からさえも反道鏡の声が上がっていたらしいことも、「日本後記」の清麻呂略伝に路真人豊永(他でもない道鏡の師)の言葉が収録されていることから推測できるようです。
「道鏡が皇位に即くようなことがあれば、自分は何の面目があって臣下として天皇にお仕えすることができよう。自分は二、三人の仲間とともに古代中国の殷の人である伯夷に倣い、身を隠して道鏡に仕えることはすまいと思う」(森田悌訳)
もはや四面楚歌でした。続きを読む
ラベル:続日本紀 天皇
posted by 蘇芳 at 02:22| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

歴史はくりかえす


宇佐八幡宮神託事件については、今さら多言を弄する必要もないでしょう。
太宰神司・習宜阿曾麻呂が「道鏡を皇位につけよ」との宇佐八幡宮の偽神託をもたらし、その真偽を確かめるために宇佐へ派遣された和気清麻呂が「わが国は開闢このかた、君臣のこと定まれり。臣をもて君とする、いまだこれあらず。天つ日嗣は、必ず皇緒を立てよ。無道の人はよろしく早く掃除すべし」との神託を持ち返り、道鏡の野望を打ち砕いた、というものです。
臣下による皇位簒奪が成功寸前まで行ってしまった、日本史上最大の大逆事件ですが、この事件の深刻さは、称徳天皇ご自身がその大逆の成就をお望みになっていたという動かしがたい事実でしょう。大嘗祭や伊勢神宮の冒涜につづいて、あきれ果てた醜態です。

皇紀1429年(神護景雲3)九月二十五日、日本の正史「続日本紀」は次のように明記しています。
天皇は清麻呂を玉座近くに招き「昨夜の夢に、八幡神の使いがきて『大神は天皇に奏上することがあるので、尼の法均を遣わされることを願っています』とつげた。そなた清麻呂は法均に代わって八幡神のところへ行き、その神託を聞いてくるように」と詔した。
天皇がお言葉として仰せられるには、いったい臣下というものは、君主に従い、清く貞しく明るい心をもって君主を助け守り、また君主に対しては無礼な面持ちをせず、陰で誹らず、よこしまで偽ったり、へつらい曲がった心を持ったりせずに仕えるべきものである。それなのに、従五位下・因幡員外介の輔治能真人清麻呂は、その姉法均と悪くよこしまな偽りの話を作り、法均は朕に向かってその偽りを奏上した。その様子を見ると、顔色・表情といい、口に出す言葉といい、明らかに自分が作ったことを大神のお言葉と偽って言っていたと知った。問い詰めたところ、やはり朕が思ったとおり大神のお言葉ではないと断定できたのである。それで国法にしたがって両人を退けるものである、と仰せになるお言葉をみな承れと申し告げる。(宇治谷孟訳)
このビフォー&アフターを読み比べて、なお、女帝の真意が何処にあったかが理解できないという人がいるのなら、日本語能力に深刻な欠陥を抱えていると言わざるをえないでしょう。あるいは日本人ではないのかもしれません。
また、「続日本紀」につづく六国史の第三「日本後紀」には、和気清麻呂の略伝が収録されていますが、そこにも、
清麻呂が京へ戻り、神の教命どおり奏上すると、天皇は意に反する思いがしたが、清麻呂を処刑する気持ちにはならず、因幡員外介に左遷した。ついで姓名を別部穢麻呂と変え、大隅国へ配流した。(森田悌訳)
と明記されています。「日本後紀」の記述はわざわざ「処刑する気持ちにはならず」と言わでもの一句を挿入して女帝の悪印象を和らげようとしていますが、それでもなお、誠実な歴史書として否定しえなかったのが、(習宜阿曾麻呂の偽神託ではなく)清麻呂の奏上こそが女帝の「意に反」したという史実なのです。
愛国保守を僭称する一部の不届き者のなかには、称徳女帝が道鏡の陰謀を阻止せんがために清麻呂を派遣されたと妄想を吹聴する者がいるようです。それはつまり、皇室にとって不都合な史実でさえ包み隠さず記述するほどに誠実な日本の「正史」の記述を、嘘・捏造であると決めつけていることになるわけで、正史が嘘だというのなら、彼らは証拠にもとづいてそれを証明する責任を負わなければならないはずです。が、むろん、そのような説得力のある証拠が提示された試しがないことは、記紀を軽視・無視・黙殺・歪曲・曲解する反日勢力の場合と同様です。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:36| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

冒涜された大嘗祭


これまでに見てきたように、孝謙・称徳天皇の御代には、臣下はもちろん、数多くの皇族が犠牲になりました。
廃帝(淳仁天皇)が退けられてから、天皇の身内で人望のある人々の多くは無実の罪をかぶせられ、日嗣の位はついに絶えそうになった。(宇治谷孟訳、以下同じ)
と正史にあるように、讒言・冤罪も横行し、
太師(藤原仲麻呂)が誅されてからは、道鏡が権力をほしいままにし、軽々しく力役を徴発し、努めて伽藍を修繕させたりした。このため公私ともに疲弊し、国の費用は不足した。政治と刑罰は日増しに厳しくなり、殺戮がみだりに行われるようになった。それで後日この時代について言う者は、無実の罪がたいそう多かったと言った。
とあるように、佞臣の跳梁がもたらした悪政は、もはや恐怖政治の様相を呈していたようです。

しかしながら、ただ「それだけ」であったならば、奈良時代がこれほど異常な時代になることはなかったのではないでしょうか。

讒言・冤罪によって、あたら有為の忠臣が失われたことはこれまでにも一再ならずありました。
かの偉大なる天智天皇でさえ、こちらで見たように蘇我倉山田石川麻呂を冤罪で失っておいでになります。
皇族相互の殺戮がくりひろげられた時代といえば、根使主の讒言に端を発する、安康天皇・雄略天皇の御代があったことは、こちらで見た通りです。
佞臣の跳梁といえば、こちらをはじめとして「日本書紀」後半の重要テーマである、崇峻天皇弑逆の大逆人・蘇我馬子の例がありました。

しかし、それらの事件に関係された天皇を「天皇」として仰ぎたてまつることに、不自然さや躊躇、抵抗などを感じることは(日本人なら)ほとんどないでしょう。こちらで述べた通り、「天皇」であらせられることは、個人的な能力の如何によるのではありません。すべての天皇が例外なく優れた政治家であらせられる、などということは、現実的にありえないでしょうし、過ちや間違いや失敗をおかされた天皇もいらっしゃるでしょう。天皇が「天皇」であらせられることの根拠は、世俗の「政り事」にはなく、神聖な「祭り事」にこそあるのではないでしょうか。政治的な過ちをおかされた天皇であらせられても、皇室の祭祀を守りつづけてくださるかぎりにおいて、天皇はまちがいなく「天皇」であらせられるのです。

では、天皇の天皇たる所以とも言うべき、その神聖な祭祀を、御自ら蔑ろにされる、どころか積極的に「冒涜」さえされる「天皇」が、もしも、万一、出現せられたとしたら……?
奈良時代最後の女帝の御代の「異常性」は、単に政治的観点から論じるだけでは、了解不可能なもののように思います。続きを読む
posted by 蘇芳 at 01:54| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

不破内親王


橘奈良麻呂の乱に連座して臣籍降下し、恵美押勝の乱で擁立され、仲麻呂共々非業の最期を遂げた塩焼王(氷上塩焼)。
その妻は不破内親王
聖武天皇の皇女であり、孝謙・称徳天皇の異母姉妹でした。続きを読む
posted by 蘇芳 at 01:40| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

舎人親王の孫


いやしくも天皇であらせられた方に対したてまつって不敬なことは申し上げたくないのですが……
こちらでもこちらでも述べたように、大切なのは御歴代が継承され体現せられている「天皇なるもの」の本質であって、個々の天皇にはいろいろな方がいらっしゃいます。中には過ちをおかされた方もいらっしゃらなかったとは言えないでしょう。
そうした「試行錯誤」をくりかえしながら天皇としてのあり方を「求めて」こられ、現に求め続けておいでになるのが、今上はじめ御歴代の天皇の歩みというものかと思います。
その意味で、あえて言うなら、孝謙・称徳天皇こそは「錯誤」の代表例、皇統最大の「反面教師」であらせられたのではないかと思います。続きを読む
ラベル:天皇 続日本紀
posted by 蘇芳 at 01:56| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

恵美押勝の乱


こちらで見たように、政権奪回に乗り出された孝謙上皇ですが。
その政治姿勢はどのようなものであらせられたのか? 
「続日本紀」のいくつかの記述に注目するだけで、大体の感触はつかめるのではないでしょうか。

皇紀1423年(天平宝字7)、二月十日には、
今回の新羅の使人は京都(平城京)に召し入れて、常の通りに待遇しよう
と勅され、
九月四日には、
少僧都の慈訓法師は、僧綱として政務を行なうのに、道理に合わぬことをしており、その職にふさわしいこのでない。よろしくその任を停止し、衆僧の意見によって、道鏡法師を少僧都に任命するようにせよ(宇治谷孟訳)
と詔されています。
翌皇紀1424年(天平宝字8)正月二十一日には、
正四位下の吉備朝臣真備を造東大寺長官に任じ、
という記述があるようです。

淳仁天皇が「征伐」されるはずだった新羅の待遇を旧に復され、仲麻呂の時代に仏教政策の中心人物だった慈訓を排除して道鏡を抜擢され、かつて藤原広嗣によって告発された吉備真備を重用されています。「東大寺」ということは例によって例の邪神像で有名な寺です。

また、皇紀1423年(天平宝字7)八月十九日には、池田親王(舎人親王の子、後の恵美押勝の乱に関係)が、
臣のこどもの男女五人は、その母が凶族(橘奈良麻呂の乱に組した仲間)でありましたので、私はこども達を皇族籍から削除しました。しかし今、月日もようやく過ぎ去り、天子の恩沢が広くゆき渡っています。この時にあたって処置しておかないと、恐らくは天子の徳化のなかにあって、戸籍の無い民があることになると思います。伏してお願い致したいことは、御長真人の姓を賜わり、永く日本国の一族として頂きたいということであります。
と奏上し、「天皇」はこれを許された、とあるようです。
すでに上皇が「国家の大事と賞罰の二つの大本は朕が行なう」と詔して政権を奪回された後ですから、この「天皇」というのは、形の上では「天皇」でも、実態は「上皇」のことでしょう。
相手が皇族であることもあるでしょうが、見方によっては、淳仁天皇擁立のために藤原仲麻呂たちが仕組んだ奈良麻呂の乱を「時効」であるとされたことには、深読みの余地があるのかもしれません。

いずれにせよ、自分たちの施策を次々にキャンセルされた仲麻呂が危機感を抱かないはずはありません。
皇紀1424年(天平宝字8)九月、恵美押勝の乱が勃発します。続きを読む
ラベル:続日本紀 天皇
posted by 蘇芳 at 03:14| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする