2017年06月26日

八幡神雑想⑤ 宇佐国造と宇佐公


こちらで書いた通り、「日本書紀」神代巻の一書には、
則ち日神の生れませる三の女神を以ては、葦原中国の宇佐嶋に降り居さしむ。
とあり、かつまた「先代旧事本紀」においては、この三女神が宇佐国造の祖神であるとされているそうです。

宗像三女神といえば天照大神と素戔嗚尊の誓約で生まれた神々。同じ誓約でお生まれになった神には天忍穂耳命もおいでになるわけで、乱暴に言ってしまえば、宗像三女神は天孫瓊瓊杵尊の叔母/伯母にもあたろうかということになります。その子孫というのですから、宇佐国造も相当なもの。
記紀に菟狭津彦・菟狭津媛として登場した宇佐の地方豪族は、かくして皇室の系譜とも関連付けられ、その権威と地位を高めることになったのでしょう。

しかしながら、それほどの来歴を設定された宇佐国造、それ以降は正史の記述にもあまり登場もしないように思いますし、何より、肝心の宇佐の祭祀権は、いつのまにか大神氏や辛嶋氏といった他氏族に移ってしまっています。
いったい宇佐国造に何が起きたのか? どこへ行ってしまったのか?
あくまでも一つの説ではあり、文書史料の乏しい古代、確たる証拠がどの程度あるのかは詳らかにしませんが、逵日出典「八幡神と神仏習合 (講談社現代新書)」においては、磐井の乱に加担して衰退したのだろう、という推測が提示されていました。続きを読む
posted by 蘇芳 at 21:08| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

天平の異父兄妹


日本史上、異母の兄弟姉妹というのは珍しくありませんが、異父の兄弟姉妹となると、それよりは少なめかもしれません(いないわけではありませんが)。
奈良時代には、国家の中心に近い場所に、そんな異父兄妹がいたことは、知っておいてよい事実であるように思います。
すなわち、橘諸兄と光明皇后です。続きを読む
ラベル:続日本紀
posted by 蘇芳 at 16:11| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

梵釈寺

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

寛和二年(西暦986、皇紀1646)、藤原兼家とその息子・道兼が、第65代花山天皇を騙して出家させ、第66代一條天皇を即位させたことは有名でしょう。平安時代、天皇の「出家」は、すでに「退位」とセットでした。
譲位されたのちに出家して法王となられた上皇は御歴代のなかに数多おいでになりますが、在位中に出家されたり、出家後に還俗もなさらないまま践祚された天皇は、長い皇統の歴史の中で、例外中の例外です。
聖武天皇、孝謙・称徳天皇の君臨あそばされた奈良時代が、いかに「異常」な時代だったか、このことに徴してみても明らかでしょう。
あげくのはてに道鏡事件さえ引き起こした南都仏教の腐敗・堕落はもはや明らかでした。南都仏教との決別が、桓武天皇にとって急務だったことは、今さら言うまでもないことかと思います。
しかし、外来カルトの仏教も、公伝以来それなりの時間を経て、すでに日本に根付いてしまっています。天皇・皇族や有力豪族の発願で建立された寺院も数多くあります。今さら仏教そのものを弾圧することは不可能でしょう。
桓武天皇に可能であり必要だったのは、腐敗堕落した旧仏教との決別であると同時に、また、本来あるべき正しい仏教の形を示して見せること、いわば仏教の立て直し・仕切り直しだったのではないでしょうか。
前者は遷都によって、後者は北嶺の新仏教の創設によって成し遂げられた、と、大きな視点では言えるのかもしれません。
が、そこへ至るまでにも、天皇はいくつかの施策を試みておいでだったようです。続きを読む
posted by 蘇芳 at 01:58| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

新田部親王の血筋

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

何度も引用しているように、聖武天皇は、皇紀1389年(神亀6、西暦729)四月三日、
舎人親王が朝堂に参入する時、諸司の官人は親王のため座席をおりて、敬意を表するに及ばない。(宇治谷孟訳)
という謎の詔を渙発されています。
仏教に傾倒される天皇と、敬神愛国の書「日本書紀」編纂の中心人物の間に、隙間風が吹きはじめていたのではないでしょうか?
この対立が事実だとすれば、淳仁天皇の擁立と廃位、舎人親王の子孫のその後の運命、なども理解しやすくなるように思いますが……
もちろん、聖武天皇もやみくもに皇族間の争いを助長されたわけではなく、舎人親王とは対照的に、聖武天皇と良好な関係を維持し続けた皇族もおいででした。それが最終的に良い結果をもたらしたかどうかは別として、ですが。。。
舎人親王と並ぶ有力皇族の一人・新田部親王の血筋を押さえておくと、奈良時代における政治的思想的対立軸の存在が、さらに見やすくなるかもしれません。続きを読む
ラベル:天皇 続日本紀
posted by 蘇芳 at 01:13| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

光明皇后


話は少しさかのぼりますが、光明皇后のお立場というのはどういうものだったのでしょう?
反日唯物史観からすれば藤原氏増長の象徴(光明子立后問題)、
愛国尊皇の情緒からすれば、皇室の慈善事業のルーツ(悲田院・施薬院)、
かもしれません。
しかし、これまで続日本紀について考察・推測・妄想してきたように、奈良朝の政変の背景に「聖武系vs舎人系」ともいうべき思想的対立があったとすれば、光明皇后は、聖武天皇の皇后でありながら舎人親王の皇子(淳仁天皇)の擁立の後ろ盾となられた方だった、とも、言えるのではないでしょうか。続きを読む
ラベル:続日本紀
posted by 蘇芳 at 02:43| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

氷上川継の乱


こちらで、大伴家持は意外と逆賊だ、と書きましたが。
もう少し好意的な表現を探してみるならば、あるいは、聖武天皇の忠臣、ではあったのかもしれません。続きを読む
ラベル:続日本紀 天皇
posted by 蘇芳 at 02:17| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

井上内親王


公の宣命における言葉の「あや」なのか捏造なのかわかりませんが、称徳天皇が仰せになるには、かつて聖武天皇は、
朕に子が二人いるということはない。ただこの太子一人だけが朕の子である。(宇治谷孟訳、以下同じ)
と仰せになったといいます。
親兄弟を捨て穢土を厭離して出家遁世せよというのが仏教ですから、仏教的にはこれはこれでいいのかもしれません(自分の息子にとんでもないDQNネームをつけて捨てた釈迦国のシッダールタとかいう人非人もいたくらいですしね)。
しかし、事実において、聖武天皇には他にも皇子女がおいでになりました。第一皇子の基王はこちらで述べたとおり三歳で薨去されていますから別としても、こちらで述べた不破内親王とならんで、光仁天皇の最初の皇后・井上内親王もまた、聖武天皇の皇女殿下であられ、女帝の姉妹でいらっしゃいました。続きを読む
posted by 蘇芳 at 01:40| 「続日本紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする