2016年05月20日

【動画】丹生川上神社下社


「日本書紀」や「続日本紀」など日本の正史を読んでいると、当然、いくつもの神社が登場するわけですが。
伊勢、出雲、三輪山など、記紀の本筋、国の根幹にかかわる社は別格として、それ以外にも、何度もくりかえし名前が登場して、印象に残る神社というのはあります。
こちらでふれた広瀬大忌神・竜田風神の二社はもちろん、こちらでふれた丹生川上神社などもそうですね。
それだけ創祀が古く、由緒ある神社ということかと。
平安時代に定められた、十六社~二十二社にも、しっかりその名が含まれています。続きを読む
posted by 蘇芳 at 00:38| 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

自霊拝


昔、TVの反日ファンタジードラマで信長が鏡を拝んでいるのを見て秀吉が驚くという場面がありました。
yahoo知恵袋:NHK大河ドラマで印象に残っているシーンを1つ以上教えて下さい
しかしそもそも神道で鏡を礼拝するのは当たり前の行為です。
普通に売ってますよ、神鏡?
神鏡(台付) 2寸 鏡径6cm×高さ10cm 【神具 神棚用 台付き 雲板 小さいサイズ ミニサイズ 木製 通販 楽天】 05P23Apr16
反日放送局はそもそも伊勢神宮の御神体を何だと思っているのでしょうか。続きを読む
ラベル:神道
posted by 蘇芳 at 02:13| 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

根葉果実説・吉田神道・儒家神道


こちらで見たように一口に神仏習合といってもその主張はさまざまですし、歴史的な変化・発展の跡も見られるようです。
「南都仏教の弊害」を逃れるために行われたと言われる平安遷都の後に、なぜまた性懲りもなく比叡山延暦寺の「仏教」を育成したのか、神道との関わりの中でとらえないかぎり、意味不明ではないでしょうか。後の僧兵の跋扈を知っていればなおさらです。
奈良時代に比べれば多少の改善は見られたようですが、本地垂迹説を発展させて天台宗が山王神道を、真言宗が両部神道を創始したように、いずれにせよ、平安時代の神道が仏教の影響を免れなかったことは、残念ながら事実のようです。

もともと神仏習合論は仏教が日本にもぐりこむために弄した詭弁のようなものでしたが、こうして仏教の勢威が強くなっていくと、やがて攻守が逆転してしまうのも自然ななりゆきというものでしょう。生き残りをかけて理論武装しなければならないのは、今度は神道のほうです。
やがて時代が下ると、これら仏教サイドからの神仏習合論に対して、神道サイドからも神仏習合論が唱えられるようになっていくようです。続きを読む
ラベル:神道 仏教 儒教
posted by 蘇芳 at 01:24| 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

【動画】手水と参拝の作法 ISE-JINGU


形から入る、というのも知恵の一種です。続きを読む
ラベル:神道
posted by 蘇芳 at 00:38| 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

あるトートロジー

    

のど元をすぎたのか最近はあまり話題にならなくなりましたが、少し前には日本でも例のISILがいろいろと話題になっていました。
こういう場合、判で押したように一般のイスラム教徒は善良だの、イスラム教自体は平和的だのという主張も聞かれますが……
イスラムに限らず、一神教のいわゆる「原理主義」が、なぜああも愚劣で凶暴で邪悪なのかを、彼ら自身が説明し、自浄作用を示さないかぎり、不信の目で見られ続けることも、現実問題として、やむをえないところでもあるのではないでしょうか。
「我々は彼らと違う」というのなら、そう言い張るだけでなく、その違いを説明し、証明すべきでしょう。続きを読む
ラベル:神道
posted by 蘇芳 at 02:20| 神道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする