2016年04月08日

第三十三代推古天皇

我が邦は君臣の義、万国に度越す。而るに西竺の説、これを壊り、これを土灰沙塵に帰して止む。而してその端を開く者は、厩戸・馬子なり。
頼山陽「日本政記」
十七条憲法は仏教を方便として、信賞必罰を唱え、群臣の綱紀を粛清し、以て天皇中心の位階秩序を構築しようとしました。誠に立派な憲法というべきです。しかし、そこには大きな矛盾がありました。
勧善懲悪・信賞必罰・承詔必謹と言いながら、崇峻天皇を弑逆したてまつった逆賊が、誰よりも厚く遇され、権勢をほしいままにしていたのですから、チャンチャラおかしいというところです。
群臣はこれをどう見たでしょうか。ある者は馬子を真の実力者と見て蘇我氏に媚びへつらったことでしょう。ある者は蘇我氏への敵意を募らせていったことでしょう。それは想像に難くありません。
厩戸皇子が優れた政治家であり優れた学者であればあるだけ、この言行不一致は致命的な破綻を予感させずにはおかなかったのではないでしょうか。そしてその「予感」は、太子自身はもちろん、蘇我馬子にも、そして推古天皇にも、微妙な影響を及ぼさずにはいなかったように思えます。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:37| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

十七条憲法


こちらで述べた通り、崇峻天皇が弑逆された後を受けて即位されたのが(神功皇后や飯豊青皇女を天皇と数えなければ)日本最初の女帝・推古天皇です。即位事情についてはこちらの動画などでも見ました。
このとき、皇太子となり、摂政となられたのが、用明天皇第二皇子・厩戸皇子=聖徳太子でした。
聖徳太子と言えば一般的には「和を以て貴しとなす」と「日出処の天子」の二点で有名、というか、ほとんどそれしか重視されないようにも思います。もちろん、それはそれで重要ですが、こちらで見た通り、蘇我氏の血をひき、仏教を重んじ、廃仏派の物部氏を攻め滅ぼされた太子の事跡には、単に聖人君子の代名詞として崇め奉っていれば良いというものではない、深い屈折があるのではないでしょうか。続きを読む
posted by 蘇芳 at 03:02| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

和魂漢才


初代神武天皇が大和にささやかな国を築かれ、代を重ねながら静かに勢力を拡大されていったあと、
第十代崇神天皇が一気に勢力を拡大され、景行天皇日本武尊の征西・東征を経て、神功皇后の三韓征伐に至って、ほぼ日本国内の平定は完了したと見てよいでしょう。
その後、何度か皇室に危機が訪れたものの、内政的には安定期に入ったように見えます。しかしその一方で、半島についてはそのころからあさましい揉め事が絶えず、朝廷にとっての大きな負担になっていきました。
やがてその騒乱は内地へも飛び火し、磐井の乱などが起きるようなことにもなっていきます。
それはなおまだ地方豪族の反乱に「すぎない」ということも可能かもしれません。
しかし、仏教公伝のころには、禍は、ついに政権中枢へと飛び火するようになっていったのではないでしょうか。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:40| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

仏教公伝前後の半島情勢


第二十七代安閑天皇、
第二十八代宣化天皇、
第二十九代欽明天皇、
はいずれも第二十六代継体天皇の皇子で、御兄弟です。
欽明天皇のみ異母兄弟ですが、とりあえず大きな問題ではありません。安閑天皇と宣化天皇はそれぞれ仁賢天皇の皇女を、欽明天皇は宣化天皇の皇女を皇后とされ、武烈天皇以前の皇統との親等も近くなられています。

この三代のうち、「書紀」においてもっとも記述が豊富で、また一般にも有名なのは、欽明天皇でしょう。
仏教伝来ゴサンパイ、と、覚えさせられた方も多いかと思います(年号には異説あり)。
が、その背景となると、どうでしょうか?
古代史については確かなことがつきとめにくいのをいいことに、事実より思想を優先させて好き勝手な妄想をあたかも史実のように語る風潮が強い気がしないでもありませんし、自分自身がその罠に陥る危険も高いですが。だからといって、避けて通るわけにもいかないでしょう。
所詮、与太のようなものかもしれませんが、考察・推測くらいはしてみたいのも人情かと。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:19| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

古代の「用日」


こちらで述べた通り、雄略天皇の御代、朝廷には「半島の土地を臣下である百済王に与える」ということが可能でした。
それに味を占めたのか何なのか知りませんが、百済はその後も朝廷に半島の土地を無心してくるようになります。続きを読む
ラベル:日本書紀 天皇
posted by 蘇芳 at 02:06| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

国「体」を「継」承する者


こちらで述べたように、顕宗天皇の即位を以て、「古事記」の「物語」は大団円を迎えます。しかし、歴史はなおも続いていきます。
顕宗・仁賢両天皇によってひとまず回避されたかに見えた皇統断絶の危機は、第二十五代武烈天皇が皇子をお残しにならなかったために再発し、傍系から第二十六代継体天皇をお迎えすることになったことは、すでにこちらで概略を見た通りです。
継体天皇の即位事情自体には、反日勢力が捏造しようと企てる「謎」などはありません。
「謎」というのなら、記述の乏しい武烈天皇のほうがはるかに「謎の大君」です。続きを読む
ラベル:日本書紀 天皇
posted by 蘇芳 at 02:07| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

【動画】「倭王武」


こちらでも見た通り、第二十一代雄略天皇は、気性の激しい天皇であらせられたようで、とらえ方が難しい方です。「日本書紀」にも、国民がその行いを「悪い天皇だ」と言ったかと思えば「徳のある天皇だ」と讃えたり、と、相異なる挿話が多数収録されています。
が、即位前後の皇族殺害については、元より根使主の讒言に端を発することですし、眉輪王の背後関係を疑われたことにもそれなりの合理性はあります(ただし証拠はありません)。
後には皇后の説得に応じて何度も臣下の誅殺を思いとどまってもおいでですし、何より根使主の罪を明らかにされたときの御処分は正当でした。
思うに、御気性が激しく、短気でもあらせられ、軽率でもあらせられたかもしれませんが、いわゆる「悪人」という印象ではありません。
いわゆる豪傑肌というか、武断派とでも申し上げるべき天皇だったのではないでしょうか。
雄略天皇の御代には、半島で騒乱が起こっていますから、その時期に、果断な天皇が君臨せられていたことは、それなりに幸いだったのかもしれません。もっとも、天皇の信じやすい御気性が、半島に対する処分の不徹底にもつながりえたのだとすれば、少々、悔やまれる気がしなくもありません。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:24| 「日本書紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする