2021年11月30日

【動画】秋篠宮さま 56歳の誕生日 + 秋篠宮さま記者会見


YoutubeSankeiNewsから。





動画概要:
1)記事はこちら→https://www.sankei.com/article/20211130-AWMFQUJMDZP5JDPHGICOKSRLFM/

 秋篠宮さまは30日、56歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の赤坂東邸で記者会見に臨み、10月の小室圭さん(30)と長女の眞子さん(30)の結婚で、一般の結納に当たる「納采の儀」などを実施しなかったことについて、「私の判断で行わなかった」と述べられた。婚約内定後の4年間を振り返り、「秋篠宮家以外の皇室にも影響が出たということを感じた」との胸の内も明かされた。

2)記事はこちら→https://www.sankei.com/article/20211130-AWMFQUJMDZP5JDPHGICOKSRLFM/

 30日に56歳の誕生日を迎えた秋篠宮さまは記者会見で、10月に結婚した長女の小室眞子さん(30)に対し一部週刊誌やインターネット上で続いたバッシングについて、反論する場合の「基準作り」の必要性に言及された。皇室の方々が報道対応について述べられるのは異例だ。宮内庁も新たな情報発信の「研究」に着手し、時代に適した在り方の模索が始まっている。

 宮内庁は10月1日、眞子さんが誹謗中傷と感じられるできごとを繰り返し体験したことで「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されたことを公表した。平成29年9月の婚約内定から結婚までの4年間、夫の圭さん(30)やその家族だけでなく、眞子さんや秋篠宮ご一家に対するバッシング報道も過熱。記事にコメントする形で、ネット上でも攻撃的な書き込みが相次いだ。

 秋篠宮さまは会見で、眞子さんが体調を崩した理由は「週刊誌」と「ネット」両方にあったとご指摘。その上で週刊誌には「創作というか作り話が掲載されていること」と「傾聴すべき意見」の両面があることに触れ、「全てを否定するという気にはなれません」と述べられた。誹謗中傷については雑誌かネットかを問わず「許容できるものではありません」と口にされた。また、次女の佳子さまや長男の悠仁さまが結婚される際、同様の事態が繰り返される可能性に関する質問には「今後もこういうことは多分続くでしょう」とご発言。報道に反論する際には基準が必要との考えを明かされた。

皇嗣殿下のお誕生日ですが……
これだけメデタサの感じにくい記者会見というのは珍しいですね。
おめでとうございます、と、どこで書こうか困るレベル💧

「女性」「女系」の問題はもちろん、皇室への誹謗中傷(「不敬罪」の廃止、イコール、「名誉棄損」のやりたい放題)など、戦後という時代の狂った病巣、何十年も前から指摘はあり、にもかかわらず、似非保守の怠慢が放置しつづけてきた積弊が、いよいよ、現実の「結果」という形で噴出しはじめた、そういう時期なのかもしれません?

とすれば、皇室をここまで追い詰めるにあたって、真にはてしなく罪深いのは、サヨクメディア、サヨク学者の反日プロパガンダごときではなく、むしろ、似非保守識者、官僚、政権与党の不作為のほうだったのだというべきでしょうか。

つけくわえると、そうした長年の積み重ねを棚に上げて、「誹謗中傷」を「ネット」の専売特許のようにミスリードする質問者の姿勢は、いかがなものか。ネットの存在は、従来存在する社会の歪みを、見えやすくしているだけではないか、というような気もしないでもありません。

Amazon:
秋篠宮さま https://amzn.to/31ghZeI
秋篠宮家 25年のあゆみ https://amzn.to/3D5LA7W
眞子内親王の危険な選択 https://amzn.to/3o5GVik
女性皇族の結婚とは何か https://amzn.to/3D1luTz
入門 「女性天皇」と「女系天皇」はどう違うのか https://amzn.to/3171P7z
なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか https://amzn.to/31gf7yN
「女系天皇論」の大罪 https://amzn.to/31dsIXk
天皇の祈りはなぜ簡略化されたか https://amzn.to/3d6UKGE
皇族の「公(おおやけ)」と「私(わたくし)」https://amzn.to/3E8zJrh
ラベル:皇室
posted by 蘇芳 at 13:00| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする