2021年09月06日

【動画】元防衛駐在官から見た自衛隊アフガニスタン任務について~障壁は憲法・自衛隊法なのか?! 伊藤俊幸元海将 桜林美佐の国防ニュース最前線【チャンネ


Youtubeチャンネルくららから。


動画概要:
2021/09/05
★防衛シンポジウム2021の詳細はこちらからどうぞ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdepNPA05q5YfJCKq1xvl_mK-vyVwEyAYjNb2YW1LzcOEQ_GQ/viewform

幣原外交の昔から、
現地陸軍の不拡大方針をぶち壊した近衛内閣から、
そしてそれらの善悪を180度ひっくりかえした陸軍悪玉論が横行しつづけた70年80年

歴史はくりかえすのだか韻を踏むのだか知りませんが。
そもそもずっと延々同じ愚劣と惰性をつづけているだけではないかという気がしなくもないとまでは言いたくありませんが、
戦前から同じ無能外交を続けていたのだとしたら、その原因は、何も戦後の似非憲法にかぎった話ではないとも言えるかもしれません?
(だからイイケンポーなどではありえませんが)

もちろん、戦前には、小野寺信とか若杉要とか、有能な外交官はいたのでしょうけれど。
https://amzn.to/3tjTGa3
https://amzn.to/3DRgR03
彼らの把握した情報が、時の政権によって、有効活用されたためしがない、という、それこそ、宿痾でしょうか。。

Amazon:
国民を守れない日本の法律――感染症、自然災害、ミサイル、侵略行為 (扶桑社新書)
ここまでできる自衛隊 国際法・憲法・自衛隊法ではこうなっている
外務省ハレンチ物語
日本国外務省検閲済 外務省犯罪黒書
外務省の罪を問う
外務省に裏切られた日本人スパイ
緒方竹虎と日本のインテリジェンス
日本外務省はソ連の対米工作を知っていた
消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い
世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊