2021年04月08日

【動画】29年ぶりの新音響測定艦ついに3隻体制に 桜林美佐の国防ニュース最前線 伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2021/04/03

戦争は数だよアニキとすれば、経済とかそのへんで潰すしかないんでしょうけど、そうなると備蓄があるうちに向こうが何かやらかすかもしれないジレンマ(ジリ貧でドカ貧が云々とかいう先例はないでもないですしw)。

おとなしくしてた方が得なのに~といっても、
実際に日米安保が発動すること鳴く、自衛隊のみを相手にすることができるかどうかが問題では無く、「中国の主観ではできる」と思われること、そして、「自衛隊のみを相手にする限り軍事的に勝算がある」と思われること自体が、安定を損ねるのである。
とかナントカいう話もあり。
北鮮なら”マッドマンセオリー”かもしれませんが、チャイナの場合は素直に中華思想ですからねー
中国は他国の身になって考えないから、中国という国とその行動を他国がどう見ているかを理解しない。これこそ、中国が抱えている問題だと思う。私が中国をよく自閉症国家と呼ぶのはそのためだ。

そのへんのジャイアニズムに備えるというか抑止するためにも軍事力は必要だと思うですが……
先立つものがナントヤラ。
さっさと経済立て直せやそこは減税だろゴルア、という、結局そこですかねー

動画最後の音響測定艦の態勢拡充がチャイナの「主観」にどう作用するか。
期待したいですがこれだけではワカランですな。
(そもそもこういうのが必要になってきたということ自体、それだけ敵艦も静粛性を高めてきてるということのような気がしなくもないですが。「粛々と強化」云々のためにもやっぱり予算は必要ですな。経済暖めてGDP増やすのが一番だと思いますが。増税で暖まるわけないですわな、常識的に言って)

Amazon:
米中もし戦わば 戦争の地政学
中国海軍VS.海上自衛隊
経済安全保障リスク 米中対立が突き付けたビジネスの課題
エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い
見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか
2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択
税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋