2021年03月21日

【動画】米デービッドソン司令官が上院公聴会で「中国が反米キャンペーンに100万人」・尖閣に自衛隊常駐!? 桜林美佐の国防ニュース最前線 伊藤俊幸元海


チャンネルくらら から。


動画概要:
2021/03/20
・国際海洋法条30条「退去することを要求することができる」
・国際海洋法条25条「無害でない通航を防止するため必要な措置をとることができる」
・海上保安庁法第20条「警察官職務執行法
(昭和23年法律第136号)第7条の規定を準用する」は(軍艦及び公船)を除く」
・尖閣に陸上自衛隊が常駐するのに武器が携行できない?
・米インド太平洋軍デービッドソン司令官「中国が100万人の「情報漏えい機」を使用してアメリカやその他の民主主義システムを弱体化させている」と警告。

「警察権だとそーなっちゃう」そうですが、そもそも法的には自衛隊自体が依然として「警察」ではなかったですかね?
領域警備法の議論に積極的なヒゲの隊長が、(海保ではなく)、自衛隊の行動について「警察比例の原則」で語っているのを聞いて呆然としたのはこちらですが、そのへんから、認識が違っているのかしら?
このさい一回、佐藤・伊藤対談でもやってみてほしいですね。。

米軍は来ない来ないという議論の一方で、もちろん、来ないわけがないという議論もあり。
そもそも米軍が沖縄にいるのは、沖縄が”米軍にとって”重要な拠点だからですし。その沖縄県の一部以外の何物でもない尖閣が敵国に侵略されて軍事拠点化されたとしたら、米軍自身にとっての危機でもあり、”米国の”国益が大きく損なわれることにもなるわけでしょう。
ついでにメンツも丸つぶれです。
こちらで書いた「異論」とうのは、そういうことでもありますが……

では、米軍が「来る」として、来たとき、どうするのか。
米軍さえ来てくれればすべてお任せで安心なのか?
(オバマ政権による弱体化はトランプ時代にどこまで挽回できたのかしら)
海保や自衛隊は何をどうするのか?
日本政府が足を引っ張ることはないのか?
日本自身の主体性が問われるところのような気がしますが。
政治屋がアレなのはどーしようもないとしても。だからといって軍人側が、オマエラ何もわかっちょらん、制服は制服の言うことしか聞かねーよwww、で大丈夫なのですかね、この国の政軍関係というか意思疎通は。
(NSCとかどれくらい機能してるのかしら)

大正島の射爆場を使うなと言い続けてきたのは日本政府。
かつて、香港だか台湾だかの活動家が尖閣上陸を企てたとき、阻止する気マンマンだった海保の現場に「待った」をかけて上陸させろと命じたのも日本政府。
Senkaku38は言うまでもなく。
つい先日は、石垣市の行政標識設置を断固阻止すると言いだしたのも日本政府。
産経ニュース:加藤官房長官、尖閣に行政標識設置「政府関係者以外の上陸認めず」
EEZがどうのこうの以前に、そもそも「島」自体は日本の「領土」なのですから、標識どころか、さっさと灯台なり船溜まりなり何でもかんでも作ればよさそうなものですのにねー。
領土問題など「存在しない」のであればなおさらです。
(結局官僚の作文が云々なのかしら)

その一方で、尖閣を念頭においた作戦としては、離島「防衛」より以上に、離島「奪還」(いったん奪わせてから、逆襲して取り戻す)に力点が置かれているという話も聞きますが……それが誤解や曲解ではなく事実であるとすれば、当然、敵は、日本の逆襲があるまでの期間に、急ピッチで地上施設を建造、民間人のン百人でも動員して「実効支配」の既成事実化をもくろむのではないでしょうか。そこを「奪還」しようとしたら「侵略」だー、という……プロパガンダまでは想定内のような気がするのは気のせいか。
そんな「情報戦」に対抗できる日本政府であればここまで**なことにはそもそもなっていないような気がするのが、無知な当方の勘違いであることを祈るばかりですなー。

そもそもなんで、「島嶼部に対する攻撃への対応」という動画を公開しているのが陸自なのかしら。。
海自にもちゃんとあるのですかね、こういう「島嶼」を主眼にした広報? 海自の縄張りは「海」だから「島」は違うとかのタテ割りか?



大東亜戦争のときにも、米軍の飛び石作戦によって、多数の「離島」が戦場になりましたが……
地上部隊による血みどろの奮戦はあったものの、最後まで守りきれた島はほぼ皆無。
航空部隊や海上部隊は、何をやってましたっけというか、それ以前にほぼ壊滅……
というか、それらが壊滅したから地上戦になってるわけで。
その”あと”で「奪還」もへったくれもなかったよなーというか何というか。
そのへんの戦訓が、何かうまいこと活かされているのであってほしいところではあります。。


海自版はあえてというならこれか?



Amazon:
国民を守れない日本の法律――感染症、自然災害、ミサイル、侵略行為
ここまでできる自衛隊 国際法・憲法・自衛隊法ではこうなっている
シミュレーション日本降伏 中国から南西諸島を守る「島嶼防衛の鉄則」
日米同盟のリアリズム
中国海軍VS.海上自衛隊
国家の怠慢