2021年03月18日

【動画】【南西諸島防衛】危機感がない!?国土交通省と防衛省に愕然!今我々がやるべきこと!


佐藤まさひさの国会教室 から。


動画概要:
2021/03/15
日本を強く!現場に誇りを!ヒゲの隊長佐藤正久です。

今回の内容は…沖縄県南西諸島特に先島防衛について3月5日の参議院予算委員会についてのお話です。

こちらで少し書いたように、旧鎮守府体制では守れなかった沖縄。大和はたどり着くことさえできなかったわけですが。
その鎮守府を引き継いだまま、沖縄に本格的な海軍基地≒軍港を築かなかった戦後ニッポン。

空自基地は那覇にはありますが。
滑走路は民間との共用。
領空侵犯が毎日のように起きている今、とても足りるとは思えませんし、万一事故でも起これば、基地全体が機能不全に陥りかねないのではないでしょうか。
(当然、国内のアチラ側が大喜び、メディアが連日どんちゃん騒ぎをくりひろげてくださるのではないかとも思えますし)

こちらでチェックした本(https://amzn.to/3saY2i0)のなかには、米軍基地を自衛隊と共用にすべきだ、という提言をする人も登場していました。
ごもっともです。
が、問題は、その提言を行っているのが、米軍側の人物だということ。
なぜ、同じ提案が、日本側から出てこないのか?
当事者意識がなさすぎる気がするのは当方だけでしょうか。



以前、とある偉い評論家の先生が、


とおっしゃっていましたし、エライセンセイがそうおっしゃるのであれば、無知蒙昧な当方の懸念など的外れなのかもしれません(そうであってほしいものです)。
しかし、もしも、さまざまなことを当然「理解」していなければならないはずの国土交通大臣が、佐藤氏の言うような状態なのだとしたら……
無知蒙昧な庶民の「悲観論」より以上に、その「楽観論」こそが、危険ではないのか?
奮闘している「現場」の人たちを蔑ろにしているのは、いったい誰なのか?
釈然としないものは残るのです。

Amazon:
別冊正論36「尖閣絶体絶命」
シミュレーション日本降伏 中国から南西諸島を守る「島嶼防衛の鉄則」
尖閣諸島が本当に危ない!
尖閣を守れない自衛隊
中国海軍VS.海上自衛隊
沖縄を守る人々
posted by 蘇芳 at 14:54| 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする