2021年03月08日

【動画】台湾パイナップル禁輸から解る デカップリングの重要性【ニュース解明】


FromTokyo·CoolEyes から。


動画概要:
2021/03/08
今後、レンブ、檳榔、文旦やバンレイシなどが禁輸されたら、同じアプローチで解決していくのでしょうか?

中共が作った「三中一青」台湾政策があります。つまり、台湾中南部に居住する農家、中間及び低所得者層、中小企業、および青年たちへの優遇措置です。

中共当局は3月1日から、害虫の検出を理由として台湾産パイナップルの輸入を禁止した。
中共が台湾に制裁を加える主な理由は二つあります。

コメンテーター:桑普
学歴 台湾大学法学修士 ・バージニア大学法学修士
職歴 香港ビジネス弁護士 ・独立評論家協会会員 ・台湾香港協会理事長

SankeiBiz:台湾・蔡総統、日本のパイン購買増に謝意 中国の禁輸は逆効果か
良いニュースではありますが。
台湾と連携すべきなのは当然ながら、それは単なる情緒ではなく、「経済安全保障」の観点からしっかり考えるべきことのように思います。
単なる「美談」で終わらせないよう、緊張感をもって臨みたいところ。

ちなみに一方では、
産経ニュース:福島産など食品禁輸の撤廃は来年以降か、台湾、24日に期限控え
とかいう話もあるわけで。
例によっていつものごとく「国益」を置き忘れるなよ?と……ついつい言いたくならないでもありません。

Amazon:
経済安全保障リスク 米中対立が突き付けたビジネスの課題
「台湾産パイナップル」の検索結果:Amazon
楽天市場:
経済安全保障リスク 米中対立が突き付けたビジネスの課題 [ 平井宏治 ]
「台湾 パイナップル」の検索結果:楽天
ラベル:台湾
posted by 蘇芳 at 15:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする