2021年03月03日

【動画】米朝交渉で北は核を放棄するのか?【CGS 織田邦男 日本の安保 第27回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2021/01/20
「じっくり学ぼう!日本の安全保障」。講師は国家戦略研究所所長で元空将の織田邦男さんです!
今回は北朝鮮の『核』にクローズアップしていきます。
2018年、2019年と首脳会談が開かれたものの、最終的な合意には至らなかったアメリカと北朝鮮。焦点はもちろん『核』でした。
両国の思惑、そして北朝鮮の核はどうなっていくのか…

平和ボケというもおろかな日本の***はいいかげんにすべきですが、もうひとつ押さえておきたいことは、それが北鮮やその他明らかな敵国に対してだけの話ではないかもしれないということ。

射程距離の話一つとっても、「同盟国」が無限の善意の持ち主でないことは自明でしょう。
互恵的でない同盟は長続きしえませんし、互恵性の担保には双方の努力が必要。
言葉遊びのリップサービスではなく、”現実”が問題。

米韓同盟は”事実上”崩壊しているに等しいように思えますが……
日米同盟が同じ轍を踏まないという保証はあるか?

日本の政治屋が、米国にとっての「同盟」の意味を見誤って、主観的な妄想的な神学論争に逃げ込み続けるのであれば、そうならないとも言いきれない気がしないでもありません。

(昔の人はエラカッタ……としばしば理想化される昔の人も、日英同盟の(英国にとっての)意味(”永遠の国益があるだけ”)を見誤った面があったようななかったような気がしなくもないので、劣化というもおこがましいレベルの戦後政治ならなおさらか。政治オンチの当方の杞憂や邪推の類であってくれればよいですが)

Amazon:
「平和」という病~一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く~
日本の有事 - 国はどうする、あなたはどうする? -
「北朝鮮」と周辺国の戦力がわかる本
米韓同盟消滅
北朝鮮がつくった韓国大統領 文在寅
ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)
新訂第5版 安全保障学入門
アメリカにとって同盟とはなにか