2021年02月26日

政府、中国海警局船への「危害射撃」可能と説明

昨日のこちらに関連して。
産経ニュース:
中国海警船の領海侵入「無害通航でない」 外務省見解
政府、中国海警局船への「危害射撃」可能と説明 自民部会で
こちらの伊藤海将の話が本当なら、海保の上層より、外務省のほうがマトモということになります?
自称保守のアイドル・”害”務省はどこ行ったという話ですが(´・ω・`)
ただ、あいかわらずの神学論争という気もしないでもないですし、
産経ニュース:海警法で「事態エスカレートさせているのは中国」 海保武器使用明示で牽制
自民党関係者は「事実上、海上保安庁法の拡大解釈だ」と話す。
またぞろカイシャクですかという、昭和に変わらぬ自民党政治に見えなくもないですが。

とりあえずこちらで伊藤海将に名指しされてた「佐藤先生」のツイートでも貼っておきます。



どちらがどうとか当方ごときにはわかりませんが。

佐藤氏も、最も初期の「海外派兵」の現場で、神学論争に明け暮れるお上の不作為のシワ寄せを、モロに被った御仁には違いなく……

賛否はさておき、目を通しておいてもよいのかな、と。



Amazon:
海上保安レポート〈2020〉
海上保安法制―海洋法と国内法の交錯
国民を守れない日本の法律――感染症、自然災害、ミサイル、侵略行為
ここまでできる自衛隊 国際法・憲法・自衛隊法ではこうなっている
変わりゆく内閣安全保障機構: 日本版NSC成立への道
海上保安庁が今、求められているもの: 波立つ海洋東アジアで
侮ってはならない中国 ― いま日本の海で何が起きているのか
中国海軍VS.海上自衛隊
不穏なフロンティアの大戦略-辺境をめぐる攻防と地政学的考察
見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか
posted by 蘇芳 at 14:21| 海上保安庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする