2021年01月24日

【動画】米国バイデン政権誕生でFOIPはどうなる?桜林美佐の国防ニュース最前線


チャンネルくらら から。


動画概要:
2021/01/23

トランプガーバイデンガーというのが大きな関心なのはわかりますが。
米国がどうなるか以前に、そもそも日本自身はどーするのか。


先日こちらでも引用した「自衛隊史: 防衛政策の七〇年 https://amzn.to/2XXQ3rt」など読むと、政治の不作為や国民の無理解が安全保障関係の議論を停滞させてきたことがよくわかりますが。
さらに言うと、そんな日本でさえ大慌てでで安保体制を(多少なりとも)改善したことというのは、過去に何回かはあるわけで……
ただ、そのきっかけのほとんどが、自国防衛を主体的に考えた結果ではなく、米側からの突き上げで泥縄式に対応した面が強かったような気がしないでもないのは、気になるところです。

こちらでは「防衛大学校で、戦争と安全保障をどう学んだか https://amzn.to/3oWNXE9」からも引用しましたが……
シビリアンがミリタリーの世界を知らなければ、有効な活用などできません。有効な活用ができなければ当然、国家の安全は損なわれてしまいます。
 であるならば、日本の安全保障や軍事に関して、偏りのないバランスのとれた考え方を日本国民が持つことは、日本の平和と安全を守るうえで何よりも重要なのではないかと思われるのです。
結局、問われているのは我々自身の”レベル”なのかもしれません……?

Amazon:
見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか
ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)
米中もし戦わば 戦争の地政学
高校生にも読んでほしい海の安全保障の授業 - 日本人が知らない南シナ海の大問題 -
エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い
経済安全保障リスク 米中対立が突き付けたビジネスの課題
2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択
自衛隊史: 防衛政策の七〇年
防衛大学校で、戦争と安全保障をどう学んだか
ここまでできる自衛隊 国際法・憲法・自衛隊法ではこうなっている