2020年12月26日

【動画】日本が対中戦線を主導せよ 江崎道朗のネットブリーフィング 菟田中子【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/12/24
楽天ブックス:文藝春秋 2021年 01月号 [雑誌]
Amazon:文藝春秋2021年1月号

この変わり身の早さが米国の凄さでもあり、ヤバさでもあり、たぶん醜さでもありますが。
ところで一方日本は?
トランプの4年に対して、安倍の8年は……
前回の江崎さんが言ってたとおり、安倍さんが退陣したとたん、ここぞとばかり****が湧いてくる、というレベルで何も変わっていないような気もします。
それが証拠(?)に、江崎さんのたとえ話にでてくるE野たち売国野党は、今日も今日とて、所詮、ひたすらどこまでもゴミでしかありません。
産経ニュース:安倍氏謝罪も野党は追及継続 自民、衆院選控え幕引き図る -
安倍前総理の8年は、トランプの4年ほどにも、対立政党を追い込みはしなかった。千年一日の反日売国ごっこをのうのうと続けていられるくらい愚劣でもあり余裕でもある、わけです。
野党だけではありません。
与党だってひどいものです。
2Fだのセクシーだのはいうまでもなく、増税魔人のA生だの、女系論&夫婦別姓のK野だの、敵国の尖閣侵略発言をヘラヘラ聞いてた外務大臣だの、頼もしさをまったく感じないのはどーしたわけでしょうか。
当の菅総理もカーボンプライシングとか言いだしてますが。
産経ニュース:炭素排出量の価格付けを検討 菅首相が導入に向け経産、環境相に指示
つまるところ、米国政治にたとえるなら、日本の場合、与党こそが米国民主党みたいなもので、その与党に掌返しを強要するような、共和党やトランプに相当する政党・政治家が存在しない、ということのようにも思えます。
それはつまり日本には政党政治が存在しない、というより、そもそも「政党」が存在しない。野党という名のゴミと、与党という名の大政翼賛会が存在するだけだ、ということかもしれず……
それこそが何十年来つづいている日本の病理……というと、言いすぎでしょうか?

Amazon:
見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか
現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ -
近未来戦を決する「マルチドメイン作戦」: 日本は中国の軍事的挑戦を打破できるか
米中もし戦わば 戦争の地政学
リベラルの毒に侵された日米の憂鬱


posted by 蘇芳 at 02:38|  L 「江崎道朗の備忘録」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする