2020年11月04日

【動画】【竹田学校】歴史・古墳時代編⑪~日本人は一つの家族~|竹田恒泰チャンネル2


【公式】竹田恒泰チャンネル 2 から。


動画概要:
2020/09/11
『天皇の国史』
https://amzn.to/3aYxqcE
『中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書』
https://amzn.to/2Ge3fDb


■『竹田学校』再生リスト
入学式から順番に見られる全講義→http://bit.ly/3d3Q0k7
歴史全講義→https://bit.ly/35WAwel
歴史・入門編→https://bit.ly/3dD06YA
歴史・神代編→https://bit.ly/3dD0hDe
歴史・岩宿時代編→https://bit.ly/2y1vyAK
歴史・縄文時代編→https://bit.ly/2Lpfrjm
歴史・弥生時代編→https://bit.ly/2YXCN7D
歴史・古墳時代編→https://bit.ly/34N30Je
歴史・明治時代編→https://bit.ly/2WNEaof
歴史・大正時代編→https://bit.ly/2YpmxKZ
歴史・昭和時代編(戦前)→https://bit.ly/2UXHADf
歴史・昭和時代編(戦後)→https://bit.ly/3f2vvE0
歴史・平成、令和時代編→https://bit.ly/3iYnX7B
音楽→https://bit.ly/2ySgpBZ
ホームルーム→https://bit.ly/2YVSTP8


■教科書は『中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 (令和書籍)』https://amzn.to/2WB3GNb

竹田学校とは…
全国一斉休校で授業がなくなってしまった小中高のみんなに向けて竹田恒泰先生の授業を配信していきます!(※おっさん、おばはんも出席可!)

八紘一宇、君民共治、理想はまことに美しいですが。

無邪気で善良な一般庶民だけが「日本の国柄ガー」と舞い上がったところで。
往々にして、かえって国賊どもの「綺麗な嘘」の食い物にされる危険もあるような気はします。


日本の「国柄」を褒めたたえるのもいいですが、その次には、まさにその「国柄」がいかにないがしろにされているか。その「現実」にどう対処するか、もまた、問われなければならないようにも思います。

そして、そのような「対処」は、過去の歴史上、様々な愛国者たちによって、実際にくりかえされてきたのではないでしょうか。

「天皇」と「国民」の「間」で蠢動し、その絆を引き裂こうとする卑しいヤカラを排除する「論理」。。
それこそは、過去の歴史でくりかえされた「政体」の交代をもたらした「論理」であり、今また、その「論理」が求められているのかもしれません?
放伐論: 日本のこころを探して
(ここでいう「政体」とは単なる「政権」ではなく、政権が依拠している政治システムそれ自体を指すのかもしれません。一橋か紀州かというのは「政権」の選択ですが、討幕は「政体」そのものの終焉かと……ジミンガーではなく戦後レジームそのものみたいな話? アナロジーを考えれば考えるほど、よくやったものだというか、奇跡というか、その分、現代の閉塞への無力感が募りそうですが。もう一度維新を~とか、軽々しく言うやつあ詐欺師か何かかというレベル)

Amazon:
天皇の国史
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 ペーパーバック
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書: 検定不合格 Kindle版
中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 ペーパーバック
本 : "竹田恒泰"
日本書紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)
日本書紀(下)全現代語訳 (講談社学術文庫)
日本の君主制―天皇制の研究 (「昭和を読もう」葦津珍彦の主張シリーズ (1))
近代民主主義の終末―日本思想の復活 (「昭和を読もう」葦津珍彦の主張シリーズ (3))
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2020年2/25号[上級国民論] (日本語) 雑誌 – 2020/2/18
タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)
税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋
楽天:「竹田恒泰」の検索結果:楽天
posted by 蘇芳 at 14:27|  L 「竹田学校」(古墳・飛鳥) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする