2020年10月30日

【動画】神事に欠かせない神宮大麻の危機 江崎道朗のネットブリーフィング 菟田中子【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/10/29
一般社団法人『伊勢麻』振興協会
FB:一般社団法人「伊勢麻」振興協会

昭和天皇の御製に、
峰つづきおほふむら雲ふく風の はやくはらへとただいのるなり
があります。
昭和17年の歌会始で公表せられたものとのことで。その1か月弱前には真珠湾攻撃があったというタイミング。
「峰つづきおほふむら雲」というのは直接的にはそうした国難のことを指すと解釈されるのが普通かと思いますが。。
敗戦から75年。
「むら雲」は祓われたでしょうか?
「祓う」ための神事に使う大麻が、チャイナ製、という……あるいは、それが一つの答えなのかもしれません?


Amazon:Amazon.co.jp : 江崎道朗
楽天:「江崎道朗」の検索結果
Amazon:
大麻(あさ) (地域資源を活かす生活工芸双書)
大麻という農作物 日本人の営みを支えてきた植物とその危機
日米の錯誤・神道指令
神道指令の研究 (明治百年史叢書)
国家神道とは何だったのか
まだGHQの洗脳に縛られている日本人
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
天皇の祈りはなぜ簡略化されたか
天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]
図解 伊勢神宮
posted by 蘇芳 at 14:14|  L 「江崎道朗の備忘録」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする