2020年09月09日

【動画】ラジオ紙芝居~木曾義仲と巴御前の生涯~ シーズンⅡ #6「義仲が愛した女性たち」の巻【FMとやま】


FMとやま から。


動画概要:
2020/09/08
FMとやま「ラジオ紙芝居~木曾義仲と巴御前の生涯~」
シーズンⅡ #6 義仲が愛した女性たち 2020年9月8日放送 牧内直哉
-----------------------------------------------------------------------------

今回のラジオ紙芝居に関する解説はこちらからお聴きください
http://www.fmtoyama.co.jp/contents/podcast_49.html

-----------------------------------------------------------------------------
■番組ホームページ
http://www.fmtoyama.co.jp/program/program_73.html
■番組ブログ
http://www.fmtoyama.co.jp/blog/kisoyoshinaka/

なろう系みたいになってきたというか、わりとどうでもいいというか、コメントに困る気もしますが。。
諸説ある、とか、場合によっては例によって実在すら云々されていたりもするようですから、まあ好きに妄想してくださいくらいの話。
実際、女武者だったという葵御前などは、歌舞伎にもなっているようで、
歌舞伎役者 中村歌六 米吉|オフィシャルサイト:葵御前
アニメ・ゲームのノリと本質的には変わらんなーというか。日本というのは昔からオタクの国だったのかもしれません?
解説音声のほうでは火牛の計についても云々されていますが。あれも元ネタはチャイナだった気もしますし、インド映画はもちろん、エンタメのツボというのは、今も昔も西も東も、すべてではないにしても、共通した部分があるのかもしれませんね。
その流れで言えば、道元の生い立ちにしても、動画の話は確定事実ではなくあくまで伝承の一つという扱いのようですが……つまるところ貴種流離譚という、これはこれでエンタメの王道みたいな話ではあります(まあ、両親が誰であるかは不明ながら京都の久我家という上流の生まれであることは確からしいですし)。

そういえばこちらの映画などはいきなり道元の母親の臨終の場面から始まりましたが……一説的には、あれが藤原伊子だったのかしら? ついでにあの映画の道元は公暁と友人だったりもしましたが、このあたりも史実的な根拠がそこまでハッキリしっかりしているわけでもないらしく、わずかな手掛かりから想像を膨らませた結果だとか?
Buddhachannel:道元禅師の人間像を知るために
まあ、歴史上の有名人というのは、死後もいろいろ忙しいとでも言っておくしかなさそうでしょうか。
女体化・萌えキャラ化も時間の問題ですかね。もうやってるかも? 今も昔もオタクの国ですものね。。

Wikipedia:
巴御前
山吹御前
藤原伊子
【刀剣ワールド】:木曽義仲とともに戦ったもうひとりの女武将・葵御前
Amazon:
巴御前 (ふるさとの歴史人物絵本シリーズ 4)
巴御前
乱世を駆ける―木曾義仲と巴御前
大鵬が行く ~義仲と巴御前~
ともえ
巴御前〈1〉
巴御前―動乱の世を天翔る木曽谷の女武者 (ロマン・コミックス 人物日本の女性史 13)
平家物語の女たち: 大力・尼・白拍子 (読みなおす日本史)