2020年09月04日

【動画】米英で進むコミンテルン研究と情報史学 江崎道朗のネットブリーフィング 菟田中子【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/09/03
おかげさまで重版となりました!『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史』 山内 智恵子 https://amzn.to/31y4WmS @amazonJPより

「書いてある」ということと、書いてあることが「本当である」ということは別。
鵜呑みにするな。
だからこそ、日本自身が主体的に研究すべき。
本当、「歴史戦」の好機のはずなのですけどねぇ。。
まさにそのタイミングでウソホイとかやってんだから話にもなりません。
こちらで書いたように次期総理がデュープスであるなら、確信犯の売国奴よりは更生の余地があるかもしれませんが。そもそも総理候補になるほどの政治家がデュープスという、その間抜けさそのものが罪でもあります。
他の候補はそれ以下なのだから本当にどうしようもありませんが。。

それとも、当方ごときには思いもよらない、日本政府のさいきょうのいんてりじぇんすが、いままさに発動してでもいる結果の現状なのでしょうか??

Amazon:
ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史
ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ
日本外務省はソ連の対米工作を知っていた
インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相 (日本の息吹ブックレット)
静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる
なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか
売国保守
右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する
posted by 蘇芳 at 15:34|  L 「江崎道朗の備忘録」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする