2020年06月27日

【動画】【竹田学校】歴史・縄文時代編⑬~縄文海進と日本列島の豊かさ~|竹田恒泰チャンネル2


【公式】竹田恒泰チャンネル 2 から。


動画概要:
2020/04/17
■入学式から順番に見られる!
『竹田学校』再生リスト→http://bit.ly/3d3Q0k7

■教科書は『中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 (令和書籍)』https://amzn.to/2WB3GNb

竹田学校とは…
全国一斉休校で授業がなくなってしまった小中高のみんなに向けて竹田恒泰先生の授業を配信していきます!(※おっさん、おばはんも出席可!)

海があって川があって山があって森がある。
伊勢神宮がまさにそうですね。
皇室の祭祀というと二言目には「米」ですが。
伊勢神宮では同時に、鯛やアワビも大事なお供え物で。
山/森と海が五十鈴川でつながって、豊かな生態系を作っている。
日本の原型的な生活環境が、そこにあるのかもしれません。
さらに遡れば、このシリーズの古事記の話は、先だっての天孫降臨で一段落のようですが。
その後の日向三代の時代には、まさに、天孫の血筋が、山の神と海の神の一族と順次、縁を結んでいくことになりますね。

縄文時代の生活文化についても考古資料の発見・蓄積とともに、いろいろ解明が進んでいるようで、先入観によるバイアス(こちらなどで引用したような)には十分気をつけなければなりませんが、曇りのない目で見つめれば、そこから浮かび上がる風景は、記紀に記された物語と、やはりというべきか意外にというべきか、かなりの整合性を持ちうるのかもしれません?

今回は縄文海進の時代でしたが。
やがて縄文海退という現象も起こるそうで。
話はやや先走りますが、河内平野のボーリング調査結果から「浪速」の状態を再現し、神武東征の「時期」を推測した長浜浩明氏の仕事なども、思いだされます。

Amazon:
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 ペーパーバック
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書: 検定不合格 Kindle版
本 : "竹田恒泰"
縄文ムラの原風景―御所野遺跡から見えてきた縄文世界
豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
海の縄文文化―日本人の〝とりなし〟のこころのゆりかご―
縄文の思考
神武天皇「以前」 縄文中期に天皇制の原型が誕生した
楽天:「竹田恒泰」の検索結果:楽天
posted by 蘇芳 at 15:43|  L 「竹田学校」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする