2020年06月12日

【動画】香港一国二制度と米中の関係は・・ 内藤陽介の世界を読む 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】


こちらの続き。
チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/06/11

上の動画で「英連邦」の名前が登場したのでふと思い出しましたが。
先だってようやくクライブ・ハミルトンのアレが翻訳出版されまして。
Amazon:目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画
楽天:目に見えぬ侵略 [ クライブ・ハミルトン ]
……そういえば、豪州ってどこ連邦でしたっけ?

当然、いろいろ全部つながってくるんでしょうし、そういう流れにリンクしていたのが、安倍政権の功績の一つだったはずだと思いますが。


その安倍政権がなぜにここまで劣化し堕落したのか。


まあ、最初から、「所詮自民党」だったのかもしれませんが。。
サイレントインベージョンが無関係なわけはないというか。
そもそも「所詮自民党」というのが、サイレントナンチャラの同義語みたいなものかもしれませんね。。



Amazon:
新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない
「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する
情報戦の真実 香港デモの実態と中国共産党の正体
香港 返還20年の相克
香港はなぜ戦っているのか
香港デモ戦記
米中激突と日本の針路
言ってはいけない!?国家論 いまこそ、トランプの暴走、習近平の野望に学べ!
目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画
ポスト・コロナ「新しい世界」の教科書
インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向
posted by 蘇芳 at 13:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする