2020年06月11日

【動画】米国と香港の関係 歴史編 内藤陽介の世界を読む 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/06/10
前編です

このチャイナを肥え太らせてきた欧米もたいがいですが。
その間、ひたすら自国経済の停滞・破壊に邁進し続けた反日国家ニッポンとやらもたいがいで。


安倍政権の終わりを見越して某2Fが離れ始めたとか、増税魔人の副総理と総理が平日昼間に小一時間も密談していたとか……そのあたりの報道の真偽は知りませんが、何らかのガラポンは避けられない、避けている場合ではないのかもしれません。
こんなになるまでノホホンとしていた政権・与党の無作為は責められるべきですが……
このガラポンがまたぞろいつもの中途半端に終わったり、かえって悪い方に転んだりしないように、有権者的には何をすべきなのか。見定めたいところではあります。が……どこの何をみておけばよいのでしょうね??


Amazon:
新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない
「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する
情報戦の真実 香港デモの実態と中国共産党の正体
香港 返還20年の相克
香港はなぜ戦っているのか
香港デモ戦記
米中激突と日本の針路
言ってはいけない!?国家論 いまこそ、トランプの暴走、習近平の野望に学べ!
目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画
インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向
posted by 蘇芳 at 15:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする