2020年06月07日

【動画】第4回バブル崩壊の最初の一歩は街金業者?【CGS 上念司】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2013/06/24
『じっくり学ぼう!日本経済』第4回バブル崩壊の最初の一歩は街金業者?
講師:経済評論家 上念司 聞き手:神谷宗幣
公式ブログ<7月2日公開収録!>http://ameblo.jp/cgsinfo/

テーマは、「バブルの発生と崩壊、その後始末...」ということでお送りしております。
今回は、バブルの裏側で何がおこっていたのか,前回アニメトークで引っ張った,その陰謀が明らかになります!
話は,金利自由化される前の話。
バブル崩壊の序章となったのは街金業者でした。なんででしょう?

CGS Facebook Page https://www.facebook.com/ChGrandStrategy

プラザ合意までは米国の迷走とかその背景としての冷戦とか、外的要因が目立っていたわけですが。
実は真の敵は国内にいた、という……
何やらいつもの光景のような気がしてきましたが💧

この「敵」はいったい何者なのか。
こちらこちらを参照……してよいのかどうかは知りませんが。

90年代初頭にはソ連が崩壊していますから、日本のバブルとソ連の断末魔が、時期的にかぶっているのは事実なわけで。
経済的にはもちろん、インテリジェンス的に何が起きていたのか。
あらためて考えなおすべきなのかもしれない、という気はしないでもありません。

日本はもちろん、米国さえ、冷戦の「勝利」後にこそ、かえって迷走を深め、チャイナの台頭を本格化させて、現在に至るわけでもありますしね。。

Amazon:本 : "上念司"
楽天:「上念司」の検索結果
Amazon:
1985年の無条件降伏 プラザ合意とバブル
経済で読み解く日本史⑤ 大正・昭和時代
経済で読み解く日本史6 平成時代
日本再生を妨げる 売国経済論の正体
インフレとデフレ
日本銀行は信用できるか
日本銀行デフレの番人
日本経済を学ぶ
戦後経済史は嘘ばかり 日本の未来を読み解く正しい視点