2020年05月28日

【動画】『じっくり学ぼう!日本経済』予告編【CGS 上念司】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2013/05/27
チャンネルグランドストラテジーです!
公式ブログ<6/3,8公開収録!>http://ameblo.jp/cgsinfo/

6月より、新番組がスタートします!!
CGSのレギュラー番組第4弾は、『じっくり学ぼう!日本経済』です。
日本経済が語られる時、特にネガティブに使われるものがあります。
「バブル」です。まずは、この「バブル」の時代に何が起こったのか?何が原因でどういう経緯をたどったのかをじっくりお話し頂きます。
講師は、皆様お待ちかね、経済評論家上念司先生、聞き手は、おなじみ神谷宗幣です。

ということで最初から見てみようかと。

アベノミクスが云々な希望に満ちたころだったのですね。

以来ン年。

よもやここまで凄まじくどうしようもなく裏切られるとは。。
というところですが。


モノの価値が下がる≒お金の価値が上がる≒みんなお金を貯め込んで使わない。ところへもってきて、「お金使ったら罰金な」、て、改めて思うと、心底、アホのやることですな。。

だからこそ、今ようやくあらためて、リフレ派の先見の明が、(「芸風」に惑わされず)、誰にも理解しやすくなってきたかもしれません?

こちらこちらで触れた8年前の本とか、さらにもひとつ前にこちら(https://amzn.to/3ekMFwK)とか何でしたら、読み返してみてもよいかもしれませんね。

お金の供給不足で起るディスインフレとしてのデフレとか、今さら聞けない基本のおさらいというか、今なら、思い当たるふしが10年前よりふえているかもしれません?
2018年に読みましたが、この本に書かれていたことの正しさを、現状の日本経済の状況と照らし合わせて確認することができました。


Amazon:本 : "上念司"
楽天:「上念司」の検索結果