2020年05月26日

【動画】【竹田学校】歴史・縄文時代編①~須佐之男命と八岐大蛇①~|竹田恒泰チャンネル2


【公式】竹田恒泰チャンネル 2 から。


動画概要:
2020/04/05
■入学式から順番に見られる!
『竹田学校』再生リスト→http://bit.ly/3d3Q0k7

■教科書は『中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 (令和書籍)』https://amzn.to/2WB3GNb

竹田学校とは…
全国一斉休校で授業がなくなってしまった小中高のみんなに向けて竹田恒泰先生の授業を配信していきます!

冒頭、オオゲツヒメの物語はハイヌウェレ型神話の一種と見てよいのでしょう。
Wikipedia:ハイヌウェレ型神話
こういう地理的に隔たった場所に見られる神話の類似性については、全く無関係に同質の発想が行われた「だってニンゲンだもの」というユング的な解釈と、人の移動によって同じ物語が伝播したという解釈が、長年、対立というか併存というか、ずっとありますが。
天孫降臨の地が南国日向だったり、その天孫の婚姻譚がやはり南方系のバナナ型説話に分類されたり、という事情を考え合わせると、やはり地理的伝播の事情が透けて見えるような気はしなくもありません。
まあ、水掛け論かもしれませんが……
こうした比較神話的な見解が、こちらのハプログループなどのデータと整合するのかどうか、整合するとしたらどのように整合するのか。それくらいは考えてみてもよいような気はします。

本題のヤマタノオロチについても、様々な奇説・珍説が唱えられてきましたが、竹田さんの話はどの方向へ向かうのでしょうかね?
縄文時代、と、わりと無理やり同定してしまいましたが……
まあ、次回以降のお楽しみということで。。


ネタがないのでとりあえずどーでもいい雑学。
スサノオとかヤマタノオロチとかクシナダヒメとかいう小惑星は実在する。らしい。
Wikipedia:日本神話に関する名を持つ小惑星の一覧
いや、まあ、別にどーでもいいというか、小惑星タコヤキとかも実在する世界らしいので、何でもアリですが。
夜空を見上げてギリシア神話ではない記紀神話を思い浮かべてみるのも乙なものかもしれません(記紀自体には星神の印象は薄いですけどね。。)

Amazon:
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書 ペーパーバック
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書: 検定不合格 Kindle版
本 : "竹田恒泰"
楽天:「竹田恒泰」の検索結果:楽天
posted by 蘇芳 at 14:37|  L 「竹田学校」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする