2020年05月23日

【動画】地方議会から国会に「消費減税」請願を出そう❗ 筒井ようすけ品川区議会議員 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】


チャンネルくらら から。


動画概要:
2020/05/15
「政府に消費税減税を求める意見書」ひな形https://docs.google.com/document/d/1ZMwhSLYxOTntpWm6iklDyaLSk1oa_1rHfOg0Io-jHQ4/edit
「政府に消費税減税を求める意見書提出に関する請願」ひな形https://docs.google.com/document/d/1FKun_GF8jY_qUb97OBmkOVpqGS8RkSJ6TG4F-G096NM/edit

渡瀬氏の維新推しや菅推しには違和感も強烈ですが。
”この界隈”が短期間に見せた突破力は注目に値するとは思います。

国民が~有権者が~と、自称保守の「言論」の結論は、最後、取って付けたようなきれいごと・絵空事でまとめに入ったりすることも多い気がしますが。
無党派の有権者”風情”に何ができるのか。
益体もないホシュカツドウをガンバルという精神論の自己満足がくりかえされるだけで、それでは何も進展しない。
エラソーに御託を並べるなら、「武器」を寄こしてからにしやがれと思ったり思わなかったり。

二言目には他人様に向かってバカバカバカバカ言い放つ上から目線の「有識者」には、そこまで高飛車にエラソーにふんぞり返るなら、せめてこちらなどで書いたような「結果に結びつく展望をもてる方法論」の提示くらいは求めてもいいような気がしますが。

その点、本当に偶然なのか仕込みなのか知りませんが、ツイッター凸でやる気のある議員を「発見」し、法案骨子が二日で作れることを証明し、他の口だけ議員を焦らせたり、今回のように地方議会からの働きかけを提案したり、少なくとも、渡瀬氏が「武器」を用意した上で発言していることは、(氏のもろもろが気に食わないという人でも)認めざるをえないところではないでしょうか。


Amazon:
なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図
メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本
トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体
日本人の知らないトランプ再選のシナリオ―奇妙な権力基盤を読み解く
「保守革命」がアメリカを変える
現代アメリカ保守主義運動小史
請願権と議会
請願権
請願陳情の手引
ラベル:渡瀬裕哉
posted by 蘇芳 at 16:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする