2020年05月21日

【動画】日本国は破産しない!【CGS 上念司 日本経済 第80回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2020/05/19
今回のじっくり学ぼう!日本経済も上念司さんをお招きしました。
「日本国は破産しない」と上念さんは言い切ります。1000兆以上の借金があるという日本が破産しない理由とは一体?
今回も上念節炸裂でお届けします!

上念氏の「日本は破産しない! https://amzn.to/3cTn7GM」とか、
動画にもチラッと名前の出ていた高橋洋一氏の「「借金1000兆円」に騙されるな! https://amzn.to/3g0K5xA」とか、
そのあたりを読んでおけばよいのかしら?
よくワカリマセンがとりあえず……
日本人一人一人に800万円の借金ガーっ! などとテレビ、新聞で騒いでいたが、実は前々から、僕はそれはどうしてなのか、全く理解できなかった。何故なら、日本の国債の殆どが日本人が購入している。なのに、購入した日本人がその国債の負債を背負うなんて・・・。二重負債っていうのか~? と。この本を読み、それらが真っ赤な嘘である事を知り、どうして偉い学者様や官僚様がその嘘を平然と庶民に語るのか? 腹が立ってきた。何しろ、上念先生! 偉いぞ。
本書は三章に分かれ、1章と2章で破綻論に
反駁し、3章で日本経済低迷の元凶であるデフレ脱却を唱える。国家破産を国債償還
不能と定義するなら、変動相場制の国にはありえない話とする。実際に破綻したアル
ゼンチンを例に挙げて解説している。要するに刷って返せばいいだけという話だ。当然
インフレになるがデフレに悩む我が国には影響は小さいとする。インフレになれば円は
安くなり、輸出企業は復活する。また我が国には莫大な資産があり、政府の帳簿は
資産・負債の双方で検証する必要があるとし、複式簿記について詳しく説明している。
世の中、国のバランスシートを企業会計に例えるとか、増税しか債務を減らす手段が無いような意見とか、銀行の貸し出しが増えている事実も知らないで金融緩和しても貸し出しは増えず国債を買うしかないやら、金融緩和で国債金利は超低金利で推移してるのにもしも金利が倍になったらとか、そんな誤った主張が出回っている。要約すると金融緩和は効かないし、経済成長は無理で増税するしか無いと言いたいのだろう。この手の人達は3年間全く進歩しないね。この本はそんな誤った主張で1000兆円を心配している人にもわかりやすく誤解を解いてくれます。おすすめです。
国の借金は金融市場のために、つまり潤滑なる経済活動のためには必要なことです。
時の政府には政策を実現するために日銀からお金を引き出すための道具である。
借金問題は程度問題で過去の歴史的事実から判断すると日本はまだ900兆円はできるとのこと。
ギリシャ・スペインなどとは同列議論する根拠がCDSの国債保証料をみればない。
マスコミ・御用学者・経済評論家・ヘッジファンドの意見など根拠が薄い。
日銀はどんどん国債を引き受けて円安にして国内の産業を活況づかせ若者の雇用を増やし自殺者を
減らすべきです。まず経済成長させインフレにしないと膨大な借金は減らせない。
デフレの時期には財政再建のために増税は悪い政策である。
国会議員削減や歳費削減は増税を国民に納得させるポーズにすぎない騙されるな。
 内容的には、日本国債が破綻することはほぼ戦争で負ける以外にはあり得ず、
いたずらに危機感をあおり、不況に増税を行うことが最も愚かである。
 その指標としては格付け会社の意味が無いこと、指標としてCDSが有用であり、
デフレ脱却のためには、日銀の対応、つまり、インフレ予想、つまりBEIを公表
して、マネーコントロールが行われることが必要であると書かれていると思い
ます。(経済素人の私の解釈ですが。)
などなど、両書のレビューなどチェックしてみてもよいかもしれません?
CDSとかギリシアとか……本当、同じ話がゾンビのごとく云々、ですね。。

安倍政権が途中でヘタレさえしなければ、というか何というか
レビュアーのなかにも触れている人がいますが、「第三の矢」って、結局、ありませんでしたよ……ねぇ??

Amazon:
本 : "上念司"
日本は破産しない! (宝島SUGOI文庫)
「借金1000兆円」に騙されるな! (小学館101新書)
楽天:
「上念司」の検索結果
日本は破産しない! (宝島sugoi文庫) [ 上念司 ]