2020年03月14日

【動画】自衛隊の現在地はどこ?【CGS 織田邦男 日本の安保 第8回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2020/03/12
「じっくり学ぼう!日本の安全保障」。講師は国家戦略研究所所長で元空将の織田邦男さんです!
今回は『自衛隊』はどんな存在なのか?について学びます。
自衛隊と警察の違いは?平時と有事と戦時ってどんな状況?実際に自衛隊が出動する時とは?日本と諸外国の違いは?など我々が知らない「自衛隊」そのものについて詳しく、わかりやすく解説します。

-------------------最新情報はコチラ!----------------------
□■CGSまとめページがリニューアル!!■□
解説やジャンル分けなど、より見やすく、より学びやすくなりました!
https://www.gstrategy.jp/

映画を見るにもお金がかかりますから、神谷さんが言うチャイナ忖度映画https://amzn.to/2w5uTNCごときにお金を落とすくらいなら、「宣戦布告https://amzn.to/3d0JGcX」あたりを視聴しておいたほうがよいような気もしなくもありません。
あまりメジャーでない映画ですが、是非万人に観て頂きたい一本です。現場(戦場).では警察官、自衛隊員がどんどん殺されているのに、憲法や外交を気にするあまり反撃の許可を決断できない無能な政府上層部。憲法9条が日本の安全保障の最強の敵。こんな何の役にも立たないゴミ憲法など廃止すべきだと心底思わずにはいられません。
この作品が製作された当時、警察や自衛隊は、例え十分な戦力や装備を備えた隊員を訓練していても、いざ事が起きてしまった場合、まともにテロリスト相手の対処が出来ないという状況を説明された。映画の中では、まさにそういった展開が映像で表現されている。
日本国内に北朝鮮軍が侵攻する。
当初、日本警察が対処に向かう。
しかし、武器の使用許可が下りず、そのうち敵国の武器に殺される。
次いで、自衛隊が対処に向かう。
しかし、武器の使用許可が下りず、そのうち敵国の武器に殺される。
これが、この映画の内容。
2002年公開。10年以上前のわりと「古い」映画。できれば内容のほうも「古く」なっていてほしいところですが…………ねぇ?


Amazon:
自衛隊を国防軍にする理由―憲法改正へ!今こそ知りたい自衛隊Q&A
知らなきゃヤバい! 防衛政策の真実
こんな自衛隊に誰がした!―戦えない「軍隊」を徹底解剖
元エース潜水艦長の告発 自衛隊が世界一弱い38の理由
専守防衛──日本を支配する幻想
自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正
世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか
宣戦布告 [DVD]
posted by 蘇芳 at 14:39| 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする