2020年03月11日

【動画】映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)予告編


KADOKAWA映画 から。


動画概要:
2019/12/24
映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)、3月6日(金)公開。

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生。福島第一原発は危機的状況に陥る。
原発内に残り、事故の収拾にあたった地元福島出身の作業員たちは海外メディアからFukushima 50(フクシマフィフティ)と呼ばれた。あの中で本当は何が起きていたのか?真実は何か?東日本壊滅の危機が近づく中、苦渋の決断を迫られる彼らが胸の内に秘めた思いとは?
豪華キャスト・スタッフ、日本映画最大級のスケールで贈る超大作。

今年は追悼行事も中止。
コロナ禍で映画館にさえも行きにくくなりましたが。
いずれソフト化なり配信なり何なりあるのでしょうし。
日本人なら一度は見ておきたい映画でしょうか。
(出演俳優の一人はいわくつきhttps://amzn.to/2ICQmQMですが)
(ノンフィクション原作の今回の映画。原発作業員はもちろん、どこかの**映画とは違って、自衛隊も、某国への忖度なく、まっとうに描かれていてほしいものではあります)

何はともあれ3月11日。
黙祷。

Amazon:
Fukushima 50 オフィシャルフォトブック CD付き
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発
「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実
記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞
吉田昌郎と福島フィフティ
ラベル:映画
posted by 蘇芳 at 02:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする