2020年03月10日

【動画】第7回 前編 日本の三大国難を救った男!北条時宗の闘い + 後編 異国征伐!神風をも呼ぶ時宗のリーダーシップ 【CGS 偉人伝】


ChGrandStrategy から。





動画概要:
1)2014/06/24
今回は北条時宗をご紹介いたします。講師は、キャリアコンサルティング・加古穂高さんです!
北条時宗を一言で表すと「日本の国難を救ったリーダー」でしょう!
三大国難とは、大東亜戦争、黒船、元寇といわれています。

2)2014/07/01
「私はこの国のために犠牲になるつもりです」
北条時宗はそのような覚悟を抱いていました。
元寇では突然の台風、いわゆる神風が吹いて元を追い払った、と言われていますが、神風は決して偶然ではありません。時宗の努力があったからこそ、神風を呼んだのです。
さて、北条時宗はいかにして日本を「国難」から守ったのでしょうか?

出演者:加古穂高

日本側の事情も、元側の事情も、実際の合戦模様も、さまざまに研究が進んで、ついでにイデオロギー的な選好も混じって、今なお異論は提出されつづけているかもしれません。
しかし、唯一、このとき、日本が戦うことを「決断」したということだけは、誰にも否定できない事実ではないでしょうか。
その決定プロセスが動画で言うほどシンプルにわかりやすいものだったかはさておき。
国家や組織のリーダーには常にそうした「決断」≒「意志」の在処こそが問われるもののように思います。

Amazon:
北条時宗の生涯―そのとき、若き執権は何を思い、どう決断したか
北条時宗―元寇に挑んだ若き宰相
北条時宗 (人物叢書)
図説 北条時宗の時代 (ふくろうの本)
蒙古襲来の真実
元寇―蒙古帝国の内部事情 (中公新書 80)
蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実 (中公新書)
世界史のなかの蒙古襲来 モンゴルから見た高麗と日本
日本存亡の危機 元と高麗の侵攻―そのとき北条時宗は何を決断したのか
韓民族こそ歴史の加害者である
posted by 蘇芳 at 14:01| 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする