2020年02月28日

【動画】日本が誇るべき世界の例外・廃藩置県【CGS 斎藤武夫 歴史の授業 第50回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2020/02/26 に公開
今回は「廃藩置県と武士の廃業」という授業です。何故廃藩置県という政策が提案されたのか、そしてそれに賛成?反対?…を子どもたちに聞いてみました!
日本が誇るべき世界の例外、廃藩置県について考えてみましょう。

廃藩置県の新政府側の動機として、税収から入るのはわかりやすいと思いますが。
そのわりにはそのあとの説明から経済観念が抜け落ちるのはやや作為的な気もします。
斎藤氏自身、ちゃんと二つの説明がある、と、言及してはいるので、それこそ確信犯というか教育方針だとは思いますが。。
権力者自ら云々というのはさすがに美談調がすぎる気もしないでもないですし、「経済」的な説明とやらのほうも同時に押さえておきたい気はします。

まあ、今回はあくまで起承転結の「起」だそうですし、後々、「こんんなはずでは」になるのかもしれませんけどね。。

神谷さんも指摘する通り、後には反乱も起きるわけですし、問題はそれら乱の位置付け・意味付けですかね。。
前回も軽く触れましたが、明治の人はエラカッタ、という雑駁なまとめだけだと、どうしても無理が出る気がしますから(明治政府と明治政府への異議申し立てと、両方含めて明治の人~というのも、アリと言えばアリですが……ちょっとズルい気もするw)。
西南戦争~民権運動はもちろん、神風連の変とか、どう扱うのかしら?
また神谷さんが熱く語りだしそうな予感もありつつ……
熊本県観光サイト もっと、もーっと!くまもっと。:神風連の変百二十年
文科省的・近隣諸国条項的な歪曲捏造がいよいよ激しくなる時代の入口だけに、まっとうな日本史としてそれをどう補正していくのか、注目したいところではあります。


Amazon:
学校でまなびたい歴史
廃藩置県近代国家誕生の舞台裏
江戸三百藩の崩壊―版籍奉還と廃藩置県
物語廃藩置県
秩禄処分 明治維新と武家の解体
藩と県: 日本各地の意外なつながり
江戸三百藩全史
posted by 蘇芳 at 14:43|  L 「CGS 斎藤武夫 歴史の授業」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする