2020年02月27日

【動画】緊急記者会見!教科書不正検定の病巣!文科省の闇!新しい歴史教科書をつくる会


チャンネル写楽TV から。


動画概要:
2020/02/24 にライブ配信
日本再生のために、保守の動画セミナーを拡めます!
チャンネル写楽TVです!
チャンネル登録お願いします!
http://urx.mobi/J07i
羽生結弦選手のように日本を代表し、世界で活躍できるように、
自虐史観を捨て去り、日本人としての誇りを取り戻したいですね!

教育基本法、学習指導要領を踏みにじる、「つくる会」歴史教科書に対する反日に染まった文科省官僚の怪しい動きの経緯です。
昨年12月25日、昨春より文科省の教科書検定中であった令和3年度使用開始の中学校用教科書『新しい歴史教科書』(自由社)が、「不合格」の通告を受けました。
 
この度の不合格通知は、満を持してこの度の検定に臨んでいた当会としては全く信じられないことであり、関連資料を見れば一目瞭然な、あまりに理不尽・不当と言わざるを得ません。もはや文科行政の大スキャンダルと言っても過言ではありません。自由社の教科書を推進してきた当会としてはこれを絶対受け入れることはできません。

よって2月21日、9時30分、藤岡信勝副会長(『新しい歴史教科書』代表執筆者)ならびに越後俊太郎事務局長は文部科学省を訪れ、萩生田光一文科大臣宛に本件に関する公式声明を手交し、適切な処理を行うよう申し入れを行いました。 また、午後1時より文部科学省記者会において、高池勝彦会長、石原隆夫、岡野俊昭、皿木喜久、藤岡信勝の4副会長、荒木田修理事が出席のもと、記者会見を行いました。

ここに本日付け公式声明ならびに、この度の事態に至った経緯、事情など関連する資料を公開いたします。 国民の皆様におかれましては、この度の事態について、何卒ご理解の上、今後の展開について注視いただきますよう、お願い申し上げます。


<歴史教科書検定不合格に至る経緯>
平成31年 4月 『新しい歴史教科書』・『新しい公民教科書』を文科省へ検定申請
令和元年 11月5日 自由社、文部科学省からの検定不合格通知が交付される。
不合格理由として「欠陥指摘」405箇所が示されるが、教科書検定規則に則り、これらについての自由社の反論の機会を与えられる。
11月25日 自由社、欠陥箇所として指摘とされた405箇所のうち、175箇所について反論書を提出。
12月25日 文科省、自由社に対し、反論書について175箇所一切を認めない反論認否書を交付。併せて「検定審査不合格理由書」を交付する。
  
理不尽な欠陥指摘の件、今後も拡充してまいります。
新しい歴史教科書をつくる会:教科書不正検定の病巣 > 欠陥指摘 3つのケース

斎藤先生もお怒りです。
明成社教科書の巻頭座談会でも、安倍政権になって教科書はかえって悪くなった、と言われていましたし。
竹田恒泰の教科書も不合格になったのは記憶に新しいところ。
Amazon:
最新日本史―日本人の誇りを伝える
中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書
デフレ増税。領土献上。少子化政策。移民政策。国賓。そしてコレ。
コロナどころの騒ぎじゃないというか。
何なのでしょうね、安倍政権。靖国にも行かないし。
このなりふり構わなさは、異常。むしろ、「稚拙」でさえある気もします。
同じ思想言論の弾圧にしても、保身にたけた日本の汚役人というより、むしろどこかの全体主義国家の強権発動を思わせるやり口に近くはないでしょうか?
これを全体主義といえばいいのか反日教育といえばいいのか思想弾圧とか日本人差別といえばいいのかサイレントインベージョンといえばいいのか戦後レジームといえばいいのか、私ごときにはわかりませんが……
安倍さん個人が「日本を取り戻す」という意思を依然として持ち続けているかいないかはさておき(ここ数年は本人もまったくそんなことを言わなくなった気もしますが)、少なくとも”日本政府”にはそのような意思も能力もないことは明らかなような気がします。
あのフレーズの真意は、所詮、官僚主導の自民党という門閥貴族が、国民から日本を「取り上げる」ことでしかなかったのでしょうか。。


正体見たりナントヤラ。
あるいは、貧すればナントカというべきか。
いろいろごまかせなくなっている、とは、言えるのかもしれません?


Amazon:
市販本 新版 新しい歴史教科書
新しい公民教科書―市販本 中学社会
中学社会新しい歴史教科書 新版 [平成28年度採用]
新しい歴史教科書「つくる会」の主張
静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる
日本が消える日──ここまで進んだ中国の日本侵略
なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか
posted by 蘇芳 at 14:32| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする