2020年01月09日

【動画】【JUIS2019】「表現の自由のための戦い」山田太郎【CGS 山田太郎 JUIS 第五夜】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2019/12/28 に公開
CGS、2019年年末は11月23日に行われた『Japan-US Innovation Summit 2019(令和元年自由民権大演説会・自由経済懇話会)』から選りすぐりのスピーチ、セッションをお届けします。
第五夜は自民党・参議院議員の山田太郎さんの「表現の自由のための戦い」をお送りします。
2010年の初選挙時から「表現の自由」を公約に掲げ、政治団体「表現の自由をを守る党(現在は「表現の自由を守る会」)」を立ち上げるなど、この問題に真正面からぶつかってきた山田先生が、日本の「表現の自由」の今をお話下さいました。
参議院議員 山田太郎 公式webサイト
Twitter:山田太郎 ⋈(参議院議員・全国比例)(@yamadataro43)さん
Wikipedia:山田太郎 (参議院議員)

とりあえずこの件あたりを思い出す動画でしたが。。
キャラバズ!:国連「日本は児童ポルノ漫画規制しろ!」→中心人物に児童性的虐待の過去が発覚、逮捕へ【海外の反応】
雨速:【速報】 「日本のアニメを叩く国連の風刺画を描きました」 ⇒外国人が大絶賛

日本には世界水準の保守がない、という主催者側の主張がベースになっている気もしないでもないイベントで、「自民党≒コンサバティブ」という認識には齟齬も感じないでもありませんw
まあ、要するに、そのあたりの言葉の定義からして、「混乱」を通り越してもはや「崩壊」しているのでしょうね。。
山田氏本人の立ち位置についても、「リベラル」という自称も聞かれましたが、では、皆さんご存知の人類の敵の同類なのかといえば、あの連中が”日本人の”表現の自由を守るはずがないわけで。それだけでも別物と言ってよいのでしょう。(動画でスルーされているあいトレの件については確かめておきたい点もなくはないですが)。

いずれにせよ、
似非リベラルが日本の敵だとして、それでは自民党は日本人の権利を守るのかといえば、決してまったくそんなことはなく。むしろこうした差別と偏見を助長する表現規制という名の弾圧に平気で尻尾を振ってしまいそうなのが自民党であって、山田氏がその中に入りこんで、そうした自民党的左翼全体主義にも歯止めをかけているのだとすれば、コンサバだのリベラルだのという手垢のついた言葉遊びとは無関係に、注目すべき人材なのかもしれません?

何にせよ「あいトレ許すまじ」を声高に主張する自称保守チャンネルは多いですし、それも絶対的に必要ですが。
zakzak:「あいちトリエンナーレ」閉幕 昭和天皇の肖像を燃やし、足で踏み付ける映像作品…各メディアはどう表現した? 竹田恒泰氏「昭和天皇は私の親戚、深く傷ついた」
特集 > 「表現の不自由展」再開
これはあくまで本来の表現の自由の問題ではなく侵略者VS日本人のイデオロギー対立であって。その一方で、本来の表現の自由を真面目に考えることは、左右問わずあってもよいはず。
そんななか、あえてこの方向性のスピーチを用意する保守イベントというのは、なるほど、一味違うというか、「わかってる」感じではあったでしょうか。

また、ネット発の議員ということで、前回までで語られていた「グラスルーツ」形成の参考にもなりそうです?
ITmedia NEWS:「私の戦闘力は53万です」 表現規制反対派・山田太郎氏が当選 SNSフル活用、“オタク層”の支持集める
note:山田太郎さんが参院選で出るべき政党を考える~表現規制に危機感を覚えるオタクの皆さんへオタクが送るレポート~|投票率について考えるメディア spread voter project
BUZZAP!:アニメ・マンガを本当に規制しようとしている政党や議員が一目で分かるリスト
Togetter:2019年参議院選挙、表現規制反対派と規制推進派の候補一覧まとめ
ちなみに、昔、PCが普及した動機の半分は、ワード・エクセルではなく、エロ画像&動画だという都市伝説もありまして……
自由民権というとお高尚っぽいですが。民というものは常に身も蓋もない欲望の主体でもあって、きれいごとばかりで成り立つわけもないでしょう。「人民」をダシにしながら素直な欲望を弾圧する暗黒社会を回避したいのであれば、そうした「民」の劣情に対するスタンスも考えておく必要があるのかもしれませんし、そのスタンスを形成するためには、やはり、お上の余計な介入を排除する「小さな政府」の選択肢がここでも浮上してくる……のでしょうか?

Amazon:
「表現の自由」の守り方
ネットには神様がいる
日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモノづくり戦略
なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図
メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本
「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義
「日本型リベラル」の化けの皮-ガラパゴスなサヨクたち―知らずにはびこる反日洗脳と言論封殺 (別冊正論31)
posted by 蘇芳 at 15:54| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする