2019年12月29日

【動画】第2回 思考停止させられた日本人 〜GHQの思惑とは?〜 【CGS 日本洗脳】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2014/08/19 に公開
第2弾からGHQ占領政策の総論について触れて参ります。GHQが行ったのは宗教や政治等を近寄りがたいものにするなどして、日本人を思考停止に陥れることでした。
この番組のタイトルでもある「日本洗脳」の核心をつく内容となっています!
産経ニュース:
【月刊正論】これが戦後の元凶だ! 米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘
【月刊正論】日本を再敗北させたGHQ洗脳工作「WGIP」

「偽装右翼」の話題が出てきて少し驚きました。
たいていの自称保守は肝心のところで腰が引けて保身に走る人が多い気がしますが。
神谷さんは勇気があるのか軽率なのか。。
よく言った、とは思います。

ある意味、こうした保守の「腰が引けて保身に走」らなければならない状況の存在こそ、まさに、真実に気づいて正しい方向へ行こうとしても行けないというその「システム」そのものというべきかもしれませんし……
ネットの普及によって現在、急速に可視化されつつあるのは、単に歴史の真実とか何とかだけではなく、その真実を妨げる「システム」そのものでもあるのかもしれません?

その「可視化」が、システムの解体・無効化の端緒になりうるのか、それとも、単に日本人に対する差別・弾圧の公然化を意味するだけにすぎないのか……
わかりませんけどね。。

産経ニュース:大阪市がヘイトスピーチ初の氏名公表
Yahoo!ニュース:大阪市がヘイトスピーチ初の氏名公表(産経新聞)のコメント一覧
産経ニュース:【深層リポート】ヘイト条例実効性は 川崎市が罰則付き条例可決へ
北海道新聞 どうしん電子版:除夜の鐘って、うるさい? 札幌の大覚寺、苦情受け中止 市内寺院「伝統行事」継続が大半
デイリー新潮:「運動会の花火」「除夜の鐘」に苦情多数で禁止拡大の不寛容
zakzak:・政治・社会 特集「「表現の不自由展」再開」
ライブドアニュース:北海道「表現の不自由展」著名人の写真燃やし批判殺到 謝罪も波紋
産経ニュース:外務省が竹下首相訪中で「靖国参拝すれば危うくなる」 外交文書公開


Amazon:GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
楽天:GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せ [ 山村明義 ]
posted by 蘇芳 at 01:46|  L WGIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする