2019年12月08日

【動画】喜美流「新日本列島改造論」【CGS 渡辺喜美 現代政治 第6回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2019/11/18 に公開
みんなの党代表で参議院議員の渡辺喜美さんと共に『日本の現代政治』をいろいろな視点から考えていくこの番組。
六回目となる今回も前回に続き1970年代、田中角栄内閣のお話を中心にお伺いしました。
田中角栄の代名詞と言えば「日本列島改造論」。総理就任直前に出版したこの書籍は大ヒットし、東京一極集中から地方でも豊かに暮らせる国づくりを唱え、日本に変革を巻き起こしました。
そして、現在、再び日本列島改造が必要だという渡辺氏。果たしてその内容とは?
また、ロッキード事件の真実も明らかになります!
YouTube:渡辺よしみ

神谷さんがさらっと共産主義の宣伝をしてませんかね……💧
国土をすべて国有化して国民にレンタル? それ、現在進行形のチャイナの制度(タテマエ)とどう違うのかしら??
まあ、チャイナの土地は「買えない」(のに、日本の土地は買われ放題)という非対称性を解消することにはなるかもしれませんが……
墾田永年私財法が泣きますな。


もはや故意に日本を滅ぼそうとしているとしか思えない、反日野党や売国与党はいいかげんにしろと云うのは間違いないのですが。
それでは、どうする、となったとき、第三極というか、本物の政党を作るべき人たちが、わりとブレブレだったり、内ゲバ始めたり、評論家的に「言ってやったぜ」で終わったり……というわりとしばしばよくあるような光景は、それこそもういいかげんそろそろくりかえしている場合ではない気もしないでもない今日この頃です。。


終盤はロッキード。
前回、疑問を呈しておきましたが、米国が「一枚岩」ではないことが、やはりかかわっていたのですかね? 

Amazon:
いつまで官僚の「日本破壊」を許すのか 官製デフレから惨敗外交まで国を衰退させる悪のシステムを打ち破れ
「みんな」の力 ―小さな政府で日本は飛躍する!
デフレの真実
渡部昇一の日本内閣史
戦後七十年の真実
自民党の正体 こんなに愉快な派閥抗争史
政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男
検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む
幕末維新、明治国家の成立 (日本政治史)
藩閥支配、政党政治 (日本政治史)
政党の凋落、総力戦体制 (日本政治史)
占領改革、自民党支配 (日本政治史)
日本が消える日──ここまで進んだ中国の日本侵略
日本はすでに侵略されている
領土消失 規制なき外国人の土地買収
日本のIT産業が中国に盗まれている
保守の心得
13歳からの「くにまもり」
ラベル:渡辺喜美
posted by 蘇芳 at 21:38|  L 「CGS 渡辺喜美 現代政治」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする