2019年12月08日

【動画】1941年12月8日のラジオニュース + 第79号 帝国遂に起つ + 開戦の詔勅 (米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)


okebe2626atoms699 から。








動画概要:
1)2007/12/07 に公開
YOUTUBEにあった1941年12月8日のラジオニュース動画を元に、極力イデオロギーを排除した形でUPしてみました。

2)2015/07/12 に公開
「大本営陸海軍部発表。12月8日6時。
帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり。」
『全国直ちに決戦体制へ』
歴史的大発表は新聞通信社を通じて世界のすみずみにまで電撃的に行き渡った。
隠忍自重、実に八ヶ月。かねてこの時あるを期待した民草は東亜解放の聖戦に一致団結、滅私奉公を誓って決起しました。
この朝、イギリス、アメリカ大使館の車は慌ただしく外務省の玄関に乗り付けられ、続いて独伊の枢軸国使臣が吸い込まれて行きました。断固として下る 膺懲(ようちょう)の軍。皇国、不退転の決意を前にして、アメリカ大使館、イギリス大使館いずれも門扉を堅く閉ざして語らず。
折から東京では大政翼賛会中央協力会議開催され、東條総裁は立って鉄石の決意を伝う。

(東條首相)
「帝国の隆替(りゅうたい)は正にこの一戦にかかっておるのであります。今こそ一億の国民が一丸となって立ち上がるべき時期であります。
私は本日、これ以上何も申し上げません。ただ諸君の赤誠に対しまする万幅の信頼の念をここに表明するにとどめたいと存ずるのであります。
どうぞ諸君は速やかに各自の部署にお帰りを願い、各自の職域においてどうぞ国民をご指導に相成り、時艱(じかん)突破のために一路邁進(まいしん)されんことを希望してやまんのであります。」

(奥村情報局次長)
「日本は、我々の祖国日本は、本日実に重大なる運命の中に突入したのであります。真に皇国の興廃をかけて万里の波涛を乗り越えんとする苦難の道へ突進したのであります。昭和16年12月8日は日本国民の永遠に忘るべからざる日となりました。」

(ネオン)
『十二月八日未明ハワイ方面ノ米艦隊並ニ航空兵力ニ対シ奇シフ作戦ニ成功セリ』

「大本営海軍部発表。」
一つ。帝国海軍は本8日未明、ハワイ方面の米国艦隊並びに航空兵力に対し、決死的空襲を敢行せり。
二。帝国海軍は本8日未明、上海においてイギリス砲艦「ぺトレール」を撃沈せり。アメリカ砲艦「ウエーク」は同時刻、我に降伏せり。
三。帝国海軍は本8日未明、シンガポールを爆撃して大なる戦果を収めたり。
四。帝国海軍は本8日早朝、「ダヴァオ」「ウエーク」「グアム」の敵軍事施設を爆撃せり。」
「大本営陸海軍部発表。12月8日11時50分。
我が軍は陸海緊密なる共同のもとに、本8日早朝、マレー半島方面の奇襲上陸作戦を敢行し、着々戦果を拡張中なり。」

3)2015/07/19 に公開
昭和天皇による「大東亜戦争 開戦の詔勅(米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)」を代読録音したもので、昭和16年(1941年)12月8日には正午と午後7時に放送された。
Wikisource:米國及英國ニ對スル宣戰ノ詔書

1995年のヴェノナ文書公開以来、欧米では曲がりなりにも左翼歴史観の見直しが始まり、現実逃避の反日バカデミズムを尻目に、日本でも遅ればせに戦前戦中戦後を貫くコミンテルン影響力工作の解明が一部の篤学の手によって進みはじめているのは、何よりですが。


コミンテルン・ソ連・スターリンが万能の神だったわけもなく、彼らの陰謀の「すべて」が成功したわけでもなければ、最終的に主要な目的を達成するまでにはさまざまな紆余曲折もあったはずでしょう。
そして、そもそもそのような企てが成功するに至った要因、前提条件としては、世界恐慌や欧米の人種差別・植民地支配など、当時の国内外の状況というものもまたあったはず。
自存自衛の当然の欲求、大東亜解放の崇高な理想、しかしてそれらを台無しにする政府・官僚の愚劣。
日本にとっての大東亜戦争もまた、様々な角度から、今なお、さらなる「真実」がより一層の「解明」を待ちつづけているのではないでしょうか。
つまるところ、まだ100年と経たない近い過去の「歴史」について、一つだけ確かなことは、唯一絶対の最終解答などを持ちあわせている人間は一人もいないということのようにも思います。
まっとうな学問であるならば、どんな立論も究極的にはすべて反証可能性をはらんだ仮説にすぎません。
故に、一切の反証を拒絶する結論ありきの反日歴史観は、そもそもの初めから「歴史」の名に値しない、侵略者の政治的教条にすぎない。それだけは確かというべきではないでしょうか。
歴史を僭称する偽りのデマゴギーは、大いに「修正」され、粉砕されなければなりません。

何はともあれ、日付変わって本日、12月8日。
「トラ・トラ・トラ ワレ奇襲ニ成功セリ」であります。

Amazon:
日本人を赤く染めた共産党と日教組の歴史観を糾す: ガラクタ・ポンコツの思想
日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ 【新書版】 -
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄
コミンテルンの謀略と日本の敗戦
ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任
文庫 ルーズベルトの開戦責任
誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実
裏口からの参戦 上: ルーズベルト外交の正体1933-1941
日英インテリジェンス戦史: チャーチルと太平洋戦争
革命のインテリジェンス: ソ連の対外政治工作としての「影響力」工作
大東亜戦争 失われた真実 ―戦後自虐史観によって隠蔽された「英霊」の功績を顕彰せよ!
大東亜戦争への道
大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった―帝国政府声明の発掘
人種差別から読み解く大東亜戦争
驕れる白人と闘うための日本近代史
東京裁判速記録から読む大東亜戦争―三つの戦争
お役所仕事の大東亜戦争
資料 「天皇詔勅」選集
時代を動かした天皇の言葉
ラベル:大東亜戦争
posted by 蘇芳 at 01:12|  L 大東亜戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする