2019年12月03日

魔改造


ネットスラングなら「魔改造」というのかもしれないが。
日本は外国文化を受け入れるとき、決してそのままでは受容しない。必ず自分たちの都合の良いよう、日本的に改造して受容するとよく言われる。
歴史を論ずるときによく言われるのは仏教の「日本化」だろう。
六道輪廻から解脱して二度とこの世に舞い戻らぬことを目指すはずのホトケが、毎年毎年子孫のもとに帰ってくるのが日本だ。
勘違い似非保守は、日本は外国文化の受容に「寛容」だなどと妄言を吐くが。外国文化を矯正し、改造し、無害化し、有益化した上でなければ受け入れないのであれば、それはそもそも単なる受け身の「受容」ではないし、表向き「寛容」に見えたとしても決して「無防備」ではない。
ところで外国文化を一見受容するかに見せかけながら、その実、自国文化を防衛するためにならいかようにも相手を捻じ曲げる。この作業は、単に自国文化への自然の愛着から自動的に生まれるものだろうか? 意識的な努力によるものだろうか? おそらくは両方だと言ってしまえばそれまでだが、それでは、そこで「防衛」すべきとされた日本文化の核心とは何だろうか。
言うまでもなく皇室だ~と、言ってしまえば、それもまたそれまでだが。先人が、単なる自然の感情的反発ではない、意図的な文化防衛意識を発動させるに至った経緯を見なおしてみれば、もう少し明快な条理が見えてくるような気もする。

戦後レジームがどうこうと言いながら歴史の見直しを主張するにしては、自称愛国保守の間で、不思議に軽視されるのが、儒教の存在と影響だ。おそらく、その価値や害を論ずるには、戦後の私たちは、あまりにも儒教に対する基礎教養を失いすぎているのかもしれないが。国家転覆の危機をもたらしうる易姓革命の思想は、本来、仏教どころではない危険思想でもありえたはずだ。1000年の長きにわたってそれを受容しながら、なぜ、わが国は、大陸・半島のごとき惨状に陥ることがなくてすんだのか?
皇室があったからだ、と、言ってしまえばそれまでだが。現に存在する皇室・王朝を転覆するための思想が易姓革命なのであるからして、単に皇室が「ある」というだけでは答えにならない。大陸にも半島にも「王朝」はあった。しかして、(むしろだからこそ)、易姓革命は起きた。わが列島には皇室があった。にもかかわらず易姓革命は起こらなかった。なぜか? この順接と逆接の接続詞の相違こそが問われなければならない。

結論から言ってしまえば、こちらで書いた通り、皇室が単に「あった」だけではなく、大陸・半島の王朝とは、質的に異なる存在になりえていたことが、大きかったのではないかと個人的には思う。権威と権力を早期に分業させ、易姓革命を政治権力者の水準にのみ押しとどめたこと。政権運営の責任を臣下の権力者が引き受けることで、易姓革命を皇室にまでは波及させない、防波堤となったこと。近代法学流に言うなら「天皇無答責」にも比すべき慣例・システムが確立していたこと。つまるところ、葦津珍彦のいう「「皇位」の永遠」への「尊重」の存在こそが、儒教「日本化」を可能にした核心であり、アルファでありオメガだったのではないか。
権力の行使者たる武将の間においては、易姓革命、放伐の理論は認められ正理とされたが、それは権力行使者間の法則であって、権力の精神的源泉たる「皇位」そのものに及ぶとは考えられなかった。放伐を政治の公理とみとめた家康もまた「皇位」の永遠を尊重し、この皇位の精神的影響力をもって、徳川政権の地位を強化すべく、あらゆる政策を考えた。
これをして皇室「が」日本を守った、ということも確かにできるが、裏を返せば、天下の政が腐敗堕落したとき、その政治的責任の一切合切を、政権担当の臣下のみが引き受けることで、皇室「を」守ったとも言えるように思う。
つまるところ、大陸式儒教と日本式儒教の根本的差異の核心が皇室「尊重」の意識でるとするならば、それは同時に、皇室「防衛」の意識でも、当然にありうるはずではないだろうか。

そのうえで話を仏教に戻せば、古代仏教の害悪から日本を「防衛」すべきとの意識を発動させ、仏教の日本化へと具体的な努力が開始されるに至った経緯にも、また、大化の改新や道鏡事件など、皇位窺窬・皇位簒奪の企てを契機に発動された皇室防衛の意識が介在していたのではなかったか。

儒教の害悪が易姓革命による皇統断絶の理論的危機であるとするならば、古代仏教の害悪は現実の簒奪の企てによる皇統断絶の具体的危機だった。いずれにせよ攻撃の対象は皇室であり、防衛の対象も皇室である。しからば、当然に、仏教も儒教も、その「日本化」の核心は、それらの孕む皇室に対する有害性を除去することにあったはずではないだろうか。
日本が天皇の国である以上、「日本化」とはすなわち「皇化」の謂いであるのは、むしろ、当然というべきか。
それはまた、仏教や儒教の「日本化」が曲がりなりにも可能であった一方、キリスト教やイスラム教のそれが不可能であった理由の一半でもあるのかもしれない。

問題は、過去にそうであったように、今後もそうでありつづけることができるか、だろうか。。

Amazon:
近代民主主義の終末―日本思想の復活
永遠の維新者
日本の君主制―天皇制の研究
天皇は「元首」である
なぜ秀吉はバテレンを追放したのか- 世界遺産「潜伏キリシタン」の真実
文化防衛論
日本が消える日──ここまで進んだ中国の日本侵略
13歳からの「くにまもり」
ラベル:仏教 天皇 儒教
posted by 蘇芳 at 15:46| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする