2019年11月28日

【動画】両陛下神武天皇陵を参拝ノーカット版


テレ東NEWS から。


動画概要:
2019/11/26 に公開
奈良県を訪問している天皇皇后両陛下はさきほど、橿原市にある神武天皇陵を参拝し、「即位の礼」と「大嘗祭」の終了を報告されました。
モーニング姿の天皇陛下は、敷き詰められた砂利道をゆっくりと歩いて進み、玉串を捧げ深々と頭を下げられました。
陛下に続き、皇后さまも拝礼されました。

このあと、京都にお戻りになって泉涌寺の孝明天皇陵に御参拝(神社ではないですが、こういう場合も御親拝と言ったほうがよいのか?)
明日(というか今日)は、明治天皇陵にお参りされるご予定ですね。
何というか、ほんの数日前に三重県にお運びになったと思ったら、ローマ法王とお会いになったり、その直後に京都・奈良?
お忙しいことおびただしいですね。。
畏ききわみですが、ご無理をなさいませんよう……

と言いつつ、やはり関西人としては、行幸啓はそれだけで心が躍ります。
さすがに平日昼間に現場で奉迎~というわけにもなかなかいきませんけどね。。

神武陵と橿原神宮には一度お参りしたいですが……京都→奈良というのも微妙な距離で。残念ながらまだ果たせていません。(奈良といえば大神神社にはやっと今年の夏に参拝できたのですが、さすがについでに橿原まで足を伸ばすわけにもいかんかったです)
京都ですから、さすがに明治天皇陵その他いくつかの御陵はお参りしたこともあるのですが。同じ桃山にあるはずの桓武天皇陵には、(左翼反日教育に騙されていた昔は存在自体を知らなかったので💧)、お参りしたことがないので、近いうちに行ってみたいと正確な場所を調べていた矢先でした。
泉涌寺もですね。。あの近辺、東福寺にはよく行くし、今熊野神社にもたまにお参りにいくのに、実は泉涌寺にはまだ行ったことがなかったり💧
御陵といっても、あそこは仏式ですし、孝明天皇以前の江戸時代の天皇などは、合葬だったりさえしますからねぇ(徳川との扱いの落差に号泣した尊皇の志士がいたというくらいの場所だったりもします)。わりとよく行く機会がある界隈のわりに、ちょっと今までは気が乗らなかった場所ではありました。けど、やっぱり、せっかく京都人なのですから、一回くらいはお参りしておくのが義務みたいなものですかね。(紅葉の季節は人だらけかしら? 東福寺だけか?)

……って、そんな個人的な話はどーでもいいんですが💦

何はともあれ、

天皇陛下万歳。
天皇弥栄。

Amazon:
神武天皇論(抄)
神武天皇はたしかに存在した 神話と伝承を訪ねて
日本の誕生 皇室と日本人のルーツ
よみがえる神武天皇 日本書紀の暗号を読み解く
教科書が教えない神武天皇
天皇陵 謎解き完全ガイド
天皇は「元首」である
ラベル:天皇
posted by 蘇芳 at 00:34| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする