2019年11月23日

【動画】両陛下 伊勢神宮を参拝


テレ東NEWS から。


動画概要:
2019/11/22 に公開
天皇皇后両陛下は、「即位の礼」と「大嘗祭」の終了を
伊勢神宮の外宮に報告する「親謁の儀」に臨まれました。
伝統装束の「黄櫨染御袍」に身を包んだ天皇陛下は、馬車で外宮の正宮に進み、拝礼されました。
十二単姿の皇后さまは御料車で正宮に進み、拝礼されました。

正殿の儀の奇跡の虹といい、大嘗宮の儀といい、一連の儀式はここまでわりと天候に恵まれていましたが。
今日は雨だったのですね。
もっとも、神社で雨が降るのは、禊の雨とも言って、決して悪いことではない、どころか、神様が歓迎しているサイン……とかいう人もいないではないですね(真偽のほどは「神のみぞ知る」ですがw)
こちらでも書いた通り、陛下には、皇太子時代にモンゴルをご訪問されたとき、行く先々で雨が降って、「恵みをもたらす徳のある方」と喜ばれたというエピソードもおありだったかと思います。(モンゴル、草原の国ですから、もともと雨が少ない、水は貴重、なのですね。出典は「皇太子殿下https://amzn.to/2OdDc05」)
ライフワークが「水」のご研究という今上陛下。さすがというか、やっぱり何かソッチ系の能力でもお持ちであらせられるのかしらw

でもやっぱり、明日(というか今日)は晴れてほしい気もしますが。。
外宮先祭。次は内宮。こちらは日の神ですからねぇ。
(雨でも晴でもどっちでもめでたくはあるのですが。……われながらモノは言いようとも思いますがw)

ちなみに11/23は言わずと知れた新嘗祭。
大嘗祭は即位後最初の新嘗祭~という説明をする人が多いですが。
だったらなんで大嘗宮の儀は14~15日だったのか、というと、こういうスケジュールだったのですね。
私たちもせめて今年くらいは、「キンロウカンシャの日」とか意味不明なGHQのご意向は忘れて、本来の祝祭日の意味を意識したいところかもしれません。


天皇陛下万歳。

Amazon:
天皇は「元首」である
日本は天皇の祈りに守られている
天皇の祈りと道―人のために生きる
水運史から世界の水へ
皇太子殿下―皇位継承者としてのご覚悟
テムズとともに -英国の二年間-
皇太子殿下のお歌を仰ぐ
伊勢神宮 水のいのち、稲のいのち、木のいのち
posted by 蘇芳 at 01:06| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする