2019年11月11日

【動画】天皇陛下「勅使発遣の儀」 伊勢神宮に大嘗祭挙行ご報告へ


SankeiNews から。


動画概要:
2019/11/09 に公開
伊勢神宮に大嘗祭(だいじょうさい)を行うことを報告するため、天皇陛下が使いを派遣される「勅使発遣(ちょくしはっけん)の儀」が8日、皇居・宮殿「竹の間」で行われた。

 陛下は「御引直衣(おひきのうし)」という白い装束姿で儀式に臨み、伊勢神宮にささげる供物をご覧に。その後、黒い装束姿の勅使に、宮内庁の山本信一郎長官が、大嘗祭の挙行を記した「御祭文(ごさいもん)」を手渡した。陛下は「よく申して奉(たてまつ)れ」と述べられたという。

 大嘗祭は皇位継承に伴う一世一度の重要祭祀(さいし)で、中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14、15日に皇居・東御苑で執り行われる。

9日10日と奉祝祭典やパレードで盛り上がりましたが。
本当の本当に重要な本番はまだこれからです。
我が国は 神の末なり 神まつる 昔の手振り 忘るなよゆめ  (明治天皇)
これを行わなければ「半帝」ともいうほどの、天皇一代の重儀。
つつがない御催行をお祈り申し上げるばかりです。

Amazon:
大嘗祭 (ちくま学芸文庫)
大嘗祭の世界
大嘗祭の本義: 民俗学からみた大嘗祭
コメと日本人と伊勢神宮
宮中祭祀―連綿と続く天皇の祈り
カラー図説 天皇の祈りと宮中祭祀
日本は天皇の祈りに守られている
皇位の継承―今上天皇のご譲位と御代替わりの意義
解説 即位の礼・大嘗祭――御代替わりの儀式とは何か?
月刊WiLL(ウィル)2019年11月号別冊 奉祝! 「即位の礼」 天皇こそ“世界の奇跡"――日本の強さの源【歴史通】
正論2019年12月号(今こそ「天皇」を語ろう)
正論SPvol.2 天皇との絆が実感できる100の視座
天皇は「元首」である
天皇の祈りはなぜ簡略化されたか
天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]
ラベル:神道 天皇
posted by 蘇芳 at 01:23| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする