2019年11月05日

【動画】安定的な皇位継承へ「旧宮家」の復活を【会見ノーカット】/自民党「日本の尊厳と国益を護る会」代表幹事・青山繁晴議員が提言発表


テレ東NEWS から。


動画概要:
2019/10/23 に公開
「即位礼正殿の儀」から一夜明けた23日、自民党の保守系議員グループが、
今の男系男子の皇位継承を維持するためには、「旧宮家」の家系の中から
皇族への復帰を可能にする法改正・特例法の整備をすべきとの提言をまとめました。

自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は会合で、
男系男子の皇位継承を今後とも維持していく必要があるとの考えを確認しました。

その上で、将来的な皇位継承者の減少が危惧される中で、「旧宮家」の皇籍復帰を
可能にするために、皇室典範の改正か特例法の整備に政府が取り組むよう求める
要望書をとりまとめました。
「日本の尊厳と国益を護る会」は来月、安倍総理大臣に直接、
提言を手渡す方針です。


◆◆皇位継承問題のポイント◆◆

現在の皇位継承資格者は皇嗣・秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの3人だけです。

皇室典範では「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と
定めています。これは父方に天皇の血筋を引く男性のみが天皇になるということで、
女子に継承権はありません。

「側室」制度がない現在において、安定的な皇位継承を実現するためには
いくつかの方策が論点となっています。

◆「旧宮家」男子の皇族復帰

◆女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設

◆「女性天皇」の容認

◆「女性天皇」の子どもが皇位を継承する「女系天皇」の容認

◆何もせず、現状維持

などです。

政府は、一連の儀式の後に安定的な皇位継承のための議論を開始する方針です。
産経ニュース:
男系皇位継承を堅持 旧宮家男子の皇族復帰 自民有志「護る会」提言
皇位継承安定への提言全文 自民有志「護る会」
ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93:青山繁晴~「日本の尊厳と国益を護る会」を発足した理由
青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road:「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)名簿 令和元年7月10日午後7時現在
Facebook:日本の尊厳と国益を護る会 - ホーム
Wikipedia:日本の尊厳と国益を護る会



事実を整える:
女系天皇容認論者撃退マニュアル1天照大神(アマテラス)が皇祖神だから女系でOK?
女系天皇容認派撃退マニュアル2:高森明勅、小林よしのりの論理破綻
Amazon:
皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉
語られなかった 皇族たちの真実
皇統は万世一系である
皇位継承の伝統を守ろう!―皇室典範に関する有識者会議の問題点
皇位継承事典
別冊正論 Extra.14
新聞という病
天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]
posted by 蘇芳 at 01:01| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする