2019年10月29日

【動画】現在進行形の“コミンテルン”影響力工作 江崎道朗 上念司 倉山満


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/10/23 に公開
★重版出来!『ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動 』 ジョン・アール・ヘインズ https://amzn.to/2P4O0i2

「続編」と言われてもUPの順番もバラバラだし、動画タイトルも統一していないし、ナンバリングもないので、どれの続編だよ、という感じですが。
この顔ぶれの最近の動画で話題がヴェノナといえば、これでしたかね?

内容自体はわりといつものアレですが。

何年も前から江崎さんたちが警鐘を鳴らしてきた状況がいよいよ切迫してきた感もあり。
時代がくららに追いついてきたと同時に、その同じ「時代」に肝心の日本とかいう国モドキが置き去りにされなければよいですねぇ。。
というところでしょうか

国家安全保障会議に「ハイブリッドウォー」の概念があるというのは、まあ、せめてもですが。
だったらなおさら最近の安倍政権の迷走が謎というか何というか。。
JBpress:米国裏切る日本政府、中国へ朝貢政治 自由を否定する中国へ媚を売るのは日本の恥
産経ニュース:【古森義久のあめりかノート】危うい安倍首相の対中観
それこそ、こちらから罠を仕掛けるくらいの裏の真意でもあるというならいいのですが……
どうせ口だけ番長なんじゃねぇの、というか、今さら期待できない気配のほうが濃厚な気がしなくもない今日この頃。どうせ裏切るなら、増税阻止の期待ではなく、この不信をこそ裏切ってほしいところですが……さて?

なお、国家安全保障会議については、だいぶ以前のこちらでも江崎さんが語っていた気もしますので……何なら合わせて見なおしておいてもよいかもしれません。
安倍総理が「さすが」というべきなのか、それ以外がどんだけダメダメだったのか、微妙なところですし(何しろ「60年」ですしねぇ)、一般市民的にはその後の消息もよくわからないので、またぞろ骨抜きにされてるんじゃないかとか疑心暗鬼に陥りそうですけどね。。
安倍政権て「昔は」凄かったんだなぁ、みたいにならないでほしいものです。

Amazon:ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
楽天ブックス:ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動 [ ジョン・アール・ヘインズ ]
Amazon:
革命のインテリジェンス: ソ連の対外政治工作としての「影響力」工作
日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄
コミンテルンの謀略と日本の敗戦
日本占領と「敗戦革命」の危機
朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
情報亡国の危機 ―インテリジェンス・リテラシーのすすめ
静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる
ウクライナ人だから気づいた日本の危機 ロシアと共産主義者が企む侵略のシナリオ
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
13歳からの「くにまもり」