2019年10月20日

【動画】【令和元年・靖國神社 秋季例大祭】「みんなで靖國神社に参拝する国会議員の会」参拝 / 勅使参向[桜R1/10/18]  + 御創立百五十年記念大祭・第二日祭[桜R1/10/19]


SakuraSoTV から。





動画概要:
1)2019/10/18 に公開
創建150周年の節目の年にして、令和の御代になって初めての例大祭の当日祭を迎えた靖國神社。恒例となっている「みんなで靖國神社に参拝する国会議員の会」の有志一同が集団参拝した模様と、天皇陛下が遣わされた勅使参向の様子などをお送りします。

2)2019/10/19 に公開
創建150周年の節目の年にして、令和の御代になって初めての例大祭を迎えた靖國神社。各種奉納演舞が行われた「第二日祭」の模様をお届けします。

「シジンですかーコウジンですかー」
毎度のことですがいまだにこんな愚劣な恥知らずな愚問を投げかけるマスゴミはもうそろそろいいかげん滅ぶべきですし、そんなゴミどもにつけこまれる隙を作った売国政治屋とそのお仲間たちは万死に値します。

sak1.jpg

高市氏やそれに先立つ衛藤晟一さんはまだしも立派ですが。
一方で、安倍ソーリーはどこで何やってんですかという話ですな。
JBpress:米国裏切る日本政府、中国へ朝貢政治 自由を否定する中国へ媚を売るのは日本の恥
産経ニュース:【古森義久のあめりかノート】危うい安倍首相の対中観
靖国にも行かず侵略者に尻尾を振る。これが総理の真意だとすれば、三木とか中曽根とかいう「卑しい人間」たちと変わりません。
「洋平の息子」のほうがマトモってどういうことですか。。


この三人を閣僚に起用している総理を信用したい気はないではないですが……
一方でセクシー増税バカを起用しているのも同じ政権ですしねぇ。
何が何だか。

安倍信者ならまたぞろいくらでも華麗な擁護をくりだすこともできるのでしょうし、信じられるものなら信じたいですが。
二度も消費増税して国民を殺しにかかっている現在、信者の褒めたたえる深慮遠謀の策士安倍大明神も、もはや策士策に溺れすぎてドザエモン化しているように思えてくるのも致し方ないというところではないでしょうか。


何はともあれ、総理大臣風情の靖國参拝でさえ「問題」だとチャイナ様とその手先のゴミどもがおおせあそばされるのであれば、そしてその命令に歴代総理自身が鞠躬如として服従しつづけるというのであれば、まして天皇陛下の御親拝など、前途遼遠どころか夢のまた夢というところでしょうか。

在位中、ついに一度として靖国にお運びになれなかった上皇陛下は、かつて、宮司就任を渋る南部利昭氏に、靖国神社を「お願い」するとさえ仰せになったことがあるといいます。
 そのため南部さんはお引き受けになるかどうか迷っていた平成十六年の六月五日、旧華族のサロンである「霞会館創立百三十年記念午餐会」が開かれ、天皇皇后両陛下が行幸啓になった。このとき、天皇陛下から「南部さん、靖国神社をお願いします」というお言葉があった。宮司就任に躊躇していた南部さんの覚悟の定まった瞬間であった。
そこまで靖國にお心をお寄せになっていた上皇陛下。相も変わらぬ政治家どもの体たらくをいかがおぼしめしか。
国民として本当に情けなく申し訳なくて仕方ありません。

また、即位礼正殿の儀を二日後に控え、来月には大嘗祭にお臨みになる今上陛下――上の動画に登場する勅使を差遣された今上陛下――は、父上皇の御心をいかに受け継いでおゆきになるのか。
国民はいかにすれば宸襟を安んじ奉ることができるのか。

本当に、もう、いいかげん、何とかしなければどうにもならない瀬戸際ではないでしょうか。。

Amazon:
靖國神社創立150年――英霊と天皇御親拝 (別冊正論)
靖国と日本人の心 (正論創刊30年記念臨時増刊号)
日本人なら知っておくべき 靖国神社
「靖国」のことを語ろう
特攻魂のままに―元靖國神社宮司大野俊康講演集
靖國神社のみたまに仕えて
やすくにの祈り―目で見る明治・大正・昭和・平成
天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]
正論SPvol.2 天皇との絆が実感できる100の視座
日本人として知っておきたい皇室のこと
新聞という病
別冊正論35「堕ちたメディア」
ラベル:靖国神社
posted by 蘇芳 at 01:48|  L 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする