2019年10月14日

【動画】アジアの解放1-1 + アジアの解放1-2


tkyokinken から。





動画概要:
1)2013/10/22 に公開
村山談話に反発を感じるが、史実を知らない人が多い。そこでアジアの解放の史実を知って欲しい。なお歴史思想講座のテキストを下記のようにアマゾン電子本で掲示しているのでご参考まで。
大東亜戦争と日本人の課題基礎編、共産主義からの解放、支那事変の真実、日米戦争の真実、ノモンハン事件の真実、 さらに追加します。

2)2013/10/22 に公開
村山談話を否定する知識。アジアの解放の真実を知ろう。
なお歴史講座のテキストを電子本を掲示しているのでご参考まで。
大東亜戦争と日本人の課題基礎編、共産主義からの解放、支那事変の真実、日米戦争の真実、ノモンハン事件の真実、 さらに追加します。

単純素朴な聖戦自慢史観とは違って、一応、共産主義・コミンテルン・スターリンへの目配りもある落合氏。
さらには戦後の「中共の侵略」へもちゃんとつながっているわけで。。
もう6年前の動画になりますが、比較的、今でも視聴する価値はありそうなシリーズかもしれません。

というか、「中共の侵略」がいよいよ深刻化している今こそ、「華僑」の手口など含めて、あらためて視聴しなおしておいてもよいかもしれません?

もっとも、中共の侵略に対抗するために日本の活躍が求められている~~~のに、反日自民政権は何やってんだという今日この頃。
産経ニュース:【古森義久のあめりかノート】危うい安倍首相の対中観
Web Voice:石平&福島香織が進言 安倍総理、これはいっちゃダメ
いや、もう、本当、何言ってんだという話でして。。

(まあ、ソースがソースですから本当にそんな愚劣なことを言ったのか、一応、疑うべきかもしれませんが……そうやってずるずると安倍信仰を続けるのもどうかという気は強まりつつあります)

「中共の侵略」に対抗するためには、内部侵略されて真っ赤っかになっていた戦前日本の「自滅」という側面にも、若干批判的な目を向けて、教訓をくみ取るようにしたほうがいいような気もしないではありません。
まあ、そのあたりは江崎さんの百年冷戦史観なり何なりで補いつつ……

それでも、事実は事実ですし、未完の聖戦の「聖戦」たるゆえんについて、おさらいしておくのも一興ではあろうかと。

(ちなみに2本目の動画で言及されているインドネシアについては、その江崎道朗さんも「コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾 https://amzn.to/2OJRhCY」あたりで、9月30日事件の共産革命未遂事件としての側面に言及されていたことがあったように思います(ちょっと記憶が曖昧なので勘違いだったら悪しからず)。
Wikipedia:9月30日事件
インドネシアといえば、これも裏に共産党の扇動があったと言われているスマラン事件の史実を滅茶苦茶に歪曲隠蔽した某似非保守娯楽映画https://amzn.to/31gQjkBを思い出しますが……
自称愛国者の皆さんの中には、共産主義の害悪について知られると、よほど困る人たちでもいらっしゃるのでしょうかね?)

Amazon:
黒幕はスターリンだった 大東亜戦争にみるコミンテルンの大謀略
Kindleストア : 落合道夫
楽天ブックス:黒幕はスターリンだった [ 落合道夫 ]
Amazon:
大東亜戦争への道
世界から見た大東亜戦争
ルーズベルト秘録〈上〉
ルーズベルト秘録〈下〉
第二次大戦に勝者なし〈上〉ウェデマイヤー回想録
第二次大戦に勝者なし〈下〉ウェデマイヤー回想録
大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった―帝国政府声明の発掘
人種差別から読み解く大東亜戦争
東京裁判速記録から読む大東亜戦争―三つの戦争
大東亜戦争 失われた真実 ―戦後自虐史観によって隠蔽された「英霊」の功績を顕彰せよ!
日本とアジアの大東亜戦争―侵略の世界史を変えた大東亜戦争の真実
大東亜戦争写真紀行 ありがとう日本軍 アジアのために勇敢に戦ったサムライたち
インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実−大東亜戦争は侵略戦争ではなかった。
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く
posted by 蘇芳 at 01:11|  L 大東亜戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする