2019年09月22日

【動画】【生田のいくバズ】Part30-② 対馬の活性化には漁業が必要!?


文化人放送局 から。


動画概要:
2019/09/20 に公開
9月18日収録

・生田よしかつ(築地仲卸三代目)
・江崎道朗(評論家)
・長尾敬(自民党・衆議院議員)


【Twitter】
@Bunkajin_TV

【Facebook】
https://www.facebook.com/Bunkajin/

補助金でダメにされた「島」の最大の実例が、どことは言いませんが沖縄ですかねぇ。。
Amazon:
沖縄を本当に愛してくれるのなら県民にエサを与えないでください
沖縄を蝕む「補助金中毒」の真実

あいかわらず国交相を反日カルトの指定席にしたまま観光亡国一直線な時点で頭が痛いですが……
長尾さんはじめ多少なりともまともそうな議員に少しでも今回のような話を吹きこんで聞いてイタダイテ、少しでも良い方向へ国のかじ取りが是正されることを願うばかりです。

先般、内閣改造が行われましたが……
首相官邸ホームページ:第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿
農水相はもとより、「産業競争力担当」の経産相だの、「地方創生」「規制改革」「まち・ひと・しごと創生担当」の内閣府特命担当大臣だの、「沖縄基地負担軽減担当」の内閣官房長官だの……生田&江崎ペアの話に耳を傾けるべき閣僚だって多数いるのではないでしょうか。

中でも「一億総活躍」と「領土問題」の両方を担当している衛藤晟一参院議員などは、某竹田恒泰氏イチオシの「皇室に関してもっとも見識の高い」議員だそうですが、


今回の閣僚等名簿をみれば、この方の肩書には、さりげなく、「沖縄及び北方対策」「消費者及び食品安全」「少子化対策」「海洋政策」などの文字も並んでいるようで。
国境離島はまさしく「領土問題」「海洋政策」に直結し、そこの住民も当然「一億」の一員でもあるわけで、彼らを「総活躍」させて食べていけるようにすること≒経済こそは「少子化対策」の前提条件にもなるのではないでしょうか。

ということで、反日カルトの観光亡国はさておいて、反日左翼や某国々が発狂しているとも聞く今回改造内閣の新閣僚の面々に、きちんと「肩書通り」の仕事をさせることが、めぐりめぐって、対馬を含めた日本を良くすることにつながっていくのかもしれません?
そのためにも、世間知らずの汚役人の御高説ではなく、「魚屋」さんの「飯の話」(≒リアルに国民を食わせていく話)に、政治家センセー方も耳を傾けるべきではないでしょうか。

Amazon:
朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作
対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本
防人の島「対馬」が危ない!―国境離島を守るために
領土消失 規制なき外国人の土地買収
魚が食べられなくなる日
日本漁業の真実
日本人が知らない漁業の大問題
日本の漁業が崩壊する本当の理由
漁業という日本の問題
近代日本の水産教育 「国境」に立つ漁業者の養成
楽天トラベル:対馬 ホテル・旅館
宿坊対馬西山寺
美女塚山荘 <対馬>
対馬グランドホテル <対馬>
民宿 つりの家 <対馬>