2019年09月18日

【動画】1939年 記憶と伝達(ポーランド 第二次世界大戦から80年) Pamięć i przesłanie


当ブログで勝手におなじみの江崎道朗さんが、ツイッターを開始されたようです。 ということで、InstytutPolskiTokio から。


動画概要:
2019/09/11 に公開
『1939年――記憶と伝達』は、教育用短編映画として完結した作品です。第二次世界大戦勃発80周年にちなんで製作されました。表題の〔1939〕は、長年にわたる大戦の始まりの象徴です。その結果、ポーランドは独立を失うことになります。完成した映画の主題は、戦争についての回顧的な物語と、戦争経験の将来的な意義です。前者の登場人物は、個人的経験を通して、過ぎ去った戦争の思い出を蘇らせる、歴史の証人たちです。画面には、苦悩を味わい、犠牲者を出した家族、そして自由のための積極的な戦いに加わった人々が現れます。後者は、戦後世代の代表者たちです。戦争の記憶は、彼らに、家族や職業の領域において、そして祖国への奉仕において然るべき立場を取る義務を課します。記憶と伝達をめぐるさまざまな要素が提起され、それを、ポーランド共和国大統領アンジェイ・ドゥダ閣下のメッセージがひとつに束ねます。短篇映画に含まれている内容の趣旨が伝達されることで、ときを超えた普遍的価値が生まれます。これは、将来の世代に向けて戦禍を警告するとともに、常に祖国独立のための仕事と奉仕を果たす覚悟を持つようにと、呼びかける映画です。」

製作:第二次世界大戦博物館(グダンスク市)
上映時間:4分41秒
言語:ポーランド語、英語、日本語
内容説明のために、アーカイブ映像資料が使われています

,,1939. Pamięć i przesłanie” to samodzielna miniatura filmowa o charakterze edukacyjnym. Powstała w związku z 80. rocznicą wybuchu II wojny światowej. Ujęty w tytule rok 1939 jest tu symbolem dla początku wieloletniej wojny, w wyniku której to Polska straciła swoją niepodległość. W przygotowanym materiale mamy do czynienia z retrospektywną opowieścią o wojnie i prospektywnym znaczeniem jej doświadczenia. Pierwszą grupę bohaterów stanowią świadkowie historii, którzy poprzez osobiste doświadczenia przywołują wspomnienia minionej wojny. Mamy tu przedstawicieli rodzin, które doznały cierpienia i poniosły ofiarę oraz tych, którzy podjęli czynną walkę o wolność. Druga grupa to reprezentanci powojennego pokolenia, dla których pamięć wojny niesie obowiązek przyjmowania właściwych postaw w sferach rodzinnej, zawodowej i w służbie dla ojczyzny. Spoiwem dla przedstawionych komponentów pamięci i przesłania jest wypowiedź Andrzeja Dudy – prezydenta RP. Przekaz merytoryczny zawartych w miniaturze treści stanowi wartość uniwersalną i ponadczasową. To zarówno przestroga dla przyszłych pokoleń przed kataklizmem wojennym, jak i wezwanie do bycia w gotowości do pracy i poświęcenia na rzecz niepodległości ojczyzny.

Producent: Muzeum II Wojny Światowej w Gdańsku
Czas trwania: 4 min. 41 sek.
Wersje językowe: polska, angielska i japońska
W ilustracji treści wykorzystano filmowe materiały archiwalne

当ブログではわりと何度も言っていますし、今さらくりかえすのもアレですが。
どこのロシアとは言いませんが、現に日本の領土を不法占拠している侵略者相手に、この期に及んで尻尾を振る売国奴は、いいかげんどうにかしたいものです。
そのためにはまず何よりも国民自身が目を覚まし、敵と味方を見分けるだけの見識を身につけておく必要があるのではないでしょうか。
ちょうど折よく、長らく絶版だったジョン・アール・ヘインズ&ハーヴェイ・クレアの「ヴェノナhttps://amzn.to/34ROayw」も復刊が決まったようですし、東京裁判史観という戦後の迷妄から覚めるには、いいかげん、よい頃合ではないでしょうか。
「記憶は私たちの義務です」
我々もまた、祖国の真実の記憶を取り戻し、本当の敵を見極めることで、心ある国々と連携する素地を形成しておきたいものです。


Amazon:
世界はこれほど日本が好き No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」
ポーランド孤児・「桜咲く国」がつないだ765人の命
物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生
カティンの森 [DVD]
カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺
消えた将校たち―― カチンの森虐殺事件
ワルシャワ蜂起1944(上): 英雄の戦い
ワルシャワ蜂起1944(下): 悲劇の戦い
ワルシャワ蜂起1944
ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動
posted by 蘇芳 at 00:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする