2019年08月29日

【動画】米中貿易戦争激化でトランプ再選に黄信号?!日本のとうもろこし購入では足りない? 安達誠司のマーケットニュース 江崎道朗


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/08/28 に公開
米中貿易戦争ついに中国為替操作国認定で一層激化・日本のとうもろこし購入でも足りない・トランプ再選に黄信号?!・本当の敵は・・

経済学の人はあくまで経済的合理性の枠内で物を考えるのかもしれませんが、対象がその「枠」を踏み越えた行動を取った場合、どうするのでしょう?

為替操作国云々の今回の件について「だけ」は米国の「言いがかり」だと言いますが……

ハルノートだって「言いがかり」以外の何物でもなかったわけで。
懐かしのイラク戦争だって、大量破壊兵器ガー、というのは「言いがかり」でなければ何だったのか。
ある意味、「言いがかり」こそが、「敵」を潰すときの米国の常套手段なのでは…という気がするのは私だけでしょうか。

ましてチャイナについては今回の件「以外」はすべて何もかも言いがかりでも何でもない、100まん回滅ぼされてもいいくらいの悪行は、十分、積み重ねているわけですし。。

トランプなりそのブレーンなりの頭にあるのがあくまで銭勘定だという経済学者的前提が成り立つのならよいですが(その勘定に失敗しているというのが今回の話ですからよくはありませんが💦)

経済学が経済学であるがゆえに気づかないうちに、米国の意志が、経済的合理性を一時的に度外視してでも云々というような、別のフェイズに移行していたりは……まさか……しないですよね??
「火遊び」がコントロール可能な「遊び」であるうちはよいですが。
誰も彼もわりと軽々しく米中貿易「 戦 争 」と口にする昨今。しかしそれはつまり物理でコロコロするよという意味でさえありうるような気がしなくもなく……識者の皆さんはそこまで覚悟完了しているのかしら?

バカでヘタレだがやるときは「やる」のが米国だ…と言ったのは、たしかどこかのクラヤマさんでしたっけ?
それがよくあるビジネス保守のタワゴトにすぎないのならよいですが。。

しかし、万一、そのときが来たら、日本はどーするんでしょうね。。ン百億くらい出せばいーんでしょ、モロコシ買えばいいよね、的にタカをくくっていて大丈夫なのかしら💧
最も蓋然性の高いシナリオだと、「トランプさんがそこまで言うなら、五百億円くらいは負担を増額しましょうか」式の交渉を日本が持ちかけるだろう。もし、日本政府がこんな話を持ちかけたら、私がトランプなら心の底から日本人を軽蔑する。
やるならやるで、ちゃんと米国に勝ってもらわないと、日本が地獄だと思うのですけどねぇ。。

Amazon:
ザ・トランポノミクス 日本はアメリカ復活の波に乗れるか
中国経済はどこまで崩壊するのか
「中国大崩壊」入門 何が起きているのか? これからどうなるか? どう対応すべきか?
言ってはいけない!?国家論 いまこそ、トランプの暴走、習近平の野望に学べ!
朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作
大間違いのアメリカ合衆国
ラベル:安達誠司