2019年08月16日

【動画】【生田のいくバズ】Part25-③ 関係ないじゃ済まされない。サボった防衛は次世代に!?


文化人放送局 から。


動画概要:
2019/08/14 に公開
8月8日収録

【出演者】
・生田よしかつ(築地仲卸三代目)
・江崎道朗(評論家)

【Twitter】
@Bunkajin_TV

【Facebook】
https://www.facebook.com/Bunkajin/

???「戦争は数だよアニキ」
ではありませんが……

米中貿易「戦争」だの、金融「戦争」だの、経済「戦争」だのという「言葉」はメディアにも踊っていますが、それが文字通りの「戦争」だと実感として理解している日本人はどれくらいいるのでしょうね。。
受験「戦争」の昔から、キノコタケノコ「戦争」まで、日本人にとって戦争という単語がごっこ遊びのファンタジーにしかなりえなくなったのが、「戦後」という時代の腐った一つの側面なのかもしれません。
それはまたくりかえしますが、こちらで引用した「敵」という一語の喪失と、無縁な話ではないように思います。

戦争は武力をもってする外交であり、裏を返せば、外交とは武力を用いない戦争であるとして、それでは後者において武力に変わる「力」は何か? そのうちの一つは間違いなく経済「力」かと思いますが。つまるところこちらの山本卓真氏のエピソードを別の形で言い表せば、ビジネスもまた、ありがちな比喩としてはもちろん、時としては文字通りの意味での「戦争」でもありうるのかもしれません。

ただ、そうなってくると、九条教徒の狂気に手足を縛られている日本にも、経済力を以て積極的平和主義に関与するという選択肢が、可能性としては開けてくるかもしれません?
まあ、その肝心かなめの唯一の「力」がボロボロにされてしまったのが、平成日本の悪夢ですし、そのうえさらにデフレ下の増税とか自民党もデュープスすぎて泣けてきますが💧
一応、安倍総理は、自著https://amzn.to/2YRh2aUの中で、経済制裁の有効性について、「アパルトヘイトを収束させた経済制裁」「「経済制裁効果なし」の根拠なし」などの見出しの下に主張したことがありますので……
日本を滅ぼしたい反日ウマシカ野党よりは、経済「戦争」の本質を理解していると思いたいところではあります。
(「理解」しているだけで、実現できなければ意味はないわけですが

Amazon:
言ってはいけない!?国家論 いまこそ、トランプの暴走、習近平の野望に学べ!
朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
中国人民解放軍の全貌
米中戦争 そのとき日本は
日本の有事 - 国はどうする、あなたはどうする? -
米中もし戦わば
軍事的視点で読み解く 米中経済戦争
posted by 蘇芳 at 01:33| 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする